雨の日の犬の散歩は可哀想?風邪引くの? 犬のおすすめレインコートをご紹介!

2016年5月18日

雨あがり愛犬ルーシーとお散歩

犬を飼ってると一度は犬友と「雨の日の散歩どうしてる?」って話題になりませんか?

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
「雨の日の散歩は犬が可哀想。」などの意見を聞くと動物虐待とか言われたらイヤだなー。でも、愛犬は行きたがってるなー。とか、色々考えちゃいますよね。

では、実際そこのところ何が正しいの?って話になりますよね。今日は雨の日に犬を散歩させるのは正しいのか?犬は風邪引くのか?雨の日にお散歩する際のおすすめグッズなどについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

雨の中の犬の散歩は可哀想?

まず、可哀想に見えるのは雨や水に濡れた犬ってきっとこんな感じで(お散歩途中に雨に降られてビショビショでも元気なルーシー)ちょっとみすぼらしく見えるからではないでしょうか?(★>m<)

雨でびしょ濡れの犬達

私は、(濡れるのが嫌いな犬以外)犬に取っては雨の中のお散歩は「パラダイスー!」だと思います。
犬は嗅ぐっていう行為が大好きです。嗅覚が犬ほど優れていない人間だって、雨の日は外がいつもと違う空気だということに気付きますよね。ですから、犬にしてみたら、いつもと違う雨に濡れたアスファルトの臭い、草木の香り、雨音、車の水しぶき音、そういった全てが彼らの感覚を刺激しますので最高のストレス解消法なのではないかなと思います。何よりそれが犬にとって 犬の社会化になりますよね。

犬の健康状態が良好で水に入るのが好き、雨の日でも外に出たがるようであるならば、連れて行ってあげるのが良いと思います。ただ、雨の日の散歩は体力を消耗しますので、普段より短めの散歩が良いでしょう。

雨や水に濡れることが嫌いなワンちゃんはもちろん、幼犬や老犬、または元気がない時などは、散歩は止めた方がいいですよね。そこらへんは、飼い主さん個々の判断ですれば良いのではないでしょうか。

 犬は雨に濡れると風邪引くの?

ワンちゃんの雨の中のお散歩で私たちが一番気をつけなければいけないのは、気温と天候の変化かと思います。

アンダーコートがある犬種は、雨に濡れたからと言って簡単に寒がったりはしませんが、アンダーコートがない犬種(ルーシーもそうです)は寒さにとても弱いので、気温が下がってきたり、雨がみぞれや雪に変わってきたりしたらさっさと引き上げたほうが無難かなと思います

風邪を引くというより気温が下がった時に一番コワイのは低温症です。寒さでブルブル震えてたりしないか、ワンちゃんの様子を見て気をつけてあげましょうね♪特に老犬は注意が必要です。

雨で濡れた後の犬のケア

雨で濡れた後は、汚れ具合にもよりますが、足・お腹周りをキレイにして必要に応じて部分シャンプーをし、その後タオルドライそしてドライヤーなどを使ってしっかり乾かしましょう。

特に肉球と肉球の間辺りは乾きづらい箇所ですので、生半乾きですと後に皮膚疾患の1つである指間炎などになりやすいので注意しましょう。

指間炎はアトピーなどが原因の場合もありますが、多くは雑菌の増殖が原因です。また、肉球辺りは傷が出来やすい場所ですので、小さな傷から菌が入り化膿して、それを犬が舐め悪化させるという悪循環に陥ることもあります。

指間炎については 梅雨の時期 犬が元気ない?皮膚病?もご参考下さい。

我が家では、ルーシーの肉球周りの清潔を一番に心がけ、部分シャンプーで汚れを落とした後は除菌水・電解次亜水などで除菌します。

電解次亜水は高い洗浄力がありますが、菌や有機物に触れるとただの水に戻るのでワンちゃんにはもちろん人間や環境にも優しく、厚生労働省も認める安全な除菌水です。

電解次亜水はルーシーに使用するに当たって詳しく調べましたので、ペットの除菌・消臭に電解次亜水で説明させて頂いてます。

電解次亜水器を実際に使ってみてのレビューは ペットの臭い・除菌対策 電解次亜水生成器 アクアクリンをレビュー をどうぞ

犬のレインコートって必要?

先ほども少し触れましたが、アンダーコートがある犬種は比較的寒さに強いですが、アンダーコートがない犬種暖かいところから来た犬種小さい犬などは寒さに弱いですのでレインコートは必要になってきます。

また、レインコートは泥や雨水の跳ね返りを防ぐのにも役に立ち、雨の中のお散歩後の犬の手入れが断然楽になりますので、何着か持っていると便利だと思います。

 犬のおすすめレインコート

犬のレインコートと一口に言っても色々なタイプ・特徴がありますので、迷ってしましますよね。おすすめレインコートのご紹介です!

フード付きポンチョタイプ


こちらはポンチョタイプです。マジックテープで着脱するようになってますのでさっと着せやすいので、おトイレを外でしかしないワンちゃんが雨の日にお外で用を足す時に便利ですし、もちろん、お散歩にも活躍しそうです。コンパクトに折りたためるのでお散歩バッグの中に常時入れておけそうです。

大型犬用 レインコート

本格的な雨が降っている時はカバーできる部分は多いほど良いですよね。

こちらの商品は、ペット用品専門店のポンポリースさんレインコートなので、しっかりとした作りになっています。そして、あのデュポン社のテフロン加工が施されており、高性能の撥水機能があり汚れのふき取りもとても簡単。反射ワッペンもついてますので、視界が悪くなりがちな雨の日の散歩でも安心です。

色は、レッドチェック・グリーンチェック、サイズは、2号~12号まで選べますのであなたの愛犬にぴったりのサイズがみつかりそうです。

 

ALPHAICONの雨が楽しくなるレインコート


「雨が楽しくなるレインウエア」をコンセプトに開発されたALPHAICONの”レインドッグガード”は、フードにつながる部分にスヌードが付いたデザインになってますので、雨が入りにくくなっています。

足首のところはリブ素材できゅっと締まってて、より身体にフィットしたデザインなので、泥や草などが入り込むことなく雨の日でも快適に走ったりお散歩したりできそうです。

また、洋服が苦手なワンちゃんでも首と袖を通しファスナーを下ろすだけなので着脱が楽ちんです。反射ロゴも付いているので夜道も安全に歩けます。

サイズは小型犬、大型犬、コーギーなどの犬種とサイズは21種類ととっても豊富です。カラーは、ネイビー・ピンク・ライムから選べます。

コーギーのためのレインコート 泥除けエプロン

コーギーなどの足の短い犬種は、どうしてもお腹がすぐ汚れてしまうので泥よけエプロンは重宝しますね。

マジックテープが一面についてますので細かい長さ調節が出来ます。雨が止んだばかりの時などにお散歩に行く時、この防水撥水加工のエプロンをすればお腹の辺りの泥跳ねを気にせずお散歩が楽しめそうですね。

サイズは、S・M・L、デザインは、水玉柄と夜空柄から選べます。

犬の可愛いレインコート ハニービー


これをお散歩中に着てたら「かわいい!」と言われること間違いなし!ちょっぴり憂鬱になりそうな雨の日でも気分があがりそうですね☆

内側はメッシュになっていますのでサラッとした着心地で蒸れませんし、マジックテープで止めるタイプのレインコートなので着脱がとっても簡単です。

サイズは、SSからLLまであります。

犬用 傘


レインコートと併用して使うと良いかもしれませんが、なかなかこの傘に犬が慣れるまでが大変かな。。。と思いましたが、お外でないとウンチおしっこしないワンコの飼い主さんで愛用されている方は多いようです。

犬のレインコートを選ぶポイント

レインコートは、色々な形サイズが合ってなかなか選ぶのが難しいですよね。一番のポイントは、雨の降り具合や気温、そして用途に合わせて何枚か持っていると良いかと思います。

冬の雨の日は、愛犬の身体全体をカバーしてくれるタイプが良いですし、夏の暑い日雨の日は内側がメッシュ素材の軽い薄手のレインコートが良いかと思います。

また、愛犬にお外でトイレをさせるためだけに着せるのでしたら、着脱が簡単なものがベストですし、雨あがりのお散歩だったら泥よけエプロンをするだけで良いので楽ですね。

ちなみにルーシーのレインコートは私の手作りです。こちらは冬用レインコートです。

黄色いレインコートを着た愛犬ルーシー

こちらの↓本の型紙を使って作りました!

まとめ

雨の日の散歩は結局はケースバイケース、それぞれの飼い主さんが、飼い主と愛犬のことを考えてベストだと思う方を選べば良いのではないでしょうか?
私のニュージーランド人の犬友は、強風大雨でも小型犬を連れて良く散歩に行きますが、そのたびに飼い主が風邪引いてます。(笑)

ルーシーは、普通の雨ならレインコートを着て散歩に行きますが、大雨強風のような時はインドアでかくれんぼやボール投げ、引っ張りっこ、知育玩具などで遊びます。
犬の知育玩具については 犬にオススメの知育玩具 これで留守番も安心! をどうぞ♪

雨の日は、気持ちもブルーになりがちですが、愛犬に可愛いレインコートを着せて楽しく雨の日を過ごしましょう♪

スポンサーリンク