ニュージーランドのコンセントの形状、変換プラグ 高電圧なのでこれだけはするな!

ニュージーランドのコンセント

これからニュージーランドに旅行、ワーキングホリデー、または移住をされる予定の方は、日本から色々な電化製品をニュージーランドに持ち込まれることかと思います。

そんな時に気になるのが、コンセントの形状と電圧事情。ここでは、ニュージーランドのコンセントの形状と変換プラグ、そしてニュージーランドの電圧は日本の電圧の倍以上の強さですので、ニュージーランドで日本の電化製品を使用する際の注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

ニュージーランドと日本の電圧の違い

日本の電圧はご存知の通り、100Vで世界で一番低い電圧です。そして、ニュージーランドの電圧は230 / 240 Vでオーストラリアと同じです。

なので、日本の電化製品をそのままニュージーランドに持ち込んで使えるものと使えないものがありますので、必ず電化製品の表示を確認しましょう。

私がニュージーランドに住み始めたウン十年前は日本から持ってくる殆どの電化製品には変圧器が必要でしたが、最近は殆どの電化製品が100v~240v対応のものが多いです。確認の仕方ですが、プラグの表示のこの↓Inputの部分です。

インプット100v~240v

こちらの電化製品はINPUT:100v~240vとあるので、変圧器なしで使えます。ちなみに空港や東京の秋葉原の免税店で売られている電化製品店の殆どは、100v~240v対応です。

Pointニュージーランドで使える電化製品の電圧は100v~240vまたは上限240vと表示されているもの

変圧器が必要な場合

もし、日本の電化製品で110vとだけ表示のあるものをそのままニュージーランドで使うとどうなるか?

110vとまでしか対応していない電化製品に高圧力の電流が流れるので、電化製品が壊れる可能性があります。そして、最悪の場合、火事になる可能性もありますので、必ず変圧器を使用しましょう。

変圧器を選ぶ際ですが、ニュージーランドの240vから日本の110vに電圧を落としてから日本の電化製品に電流をながしてあげなくてはいけませんのでステップダウン240v→110vと表示されているものを購入しましょう。

そしてもう1つ変圧器を購入の際に気をつけるのが電力容量という箇所です。たとえば下記の商品はステップダウンですが電力容量が25wですので、使えるのは電気鉛筆削り器や小さい美容器具などです。

一方こちらの変圧器は、消費電力が高めの台所電化製品などに使え、例えばホットプレートなどは通常1300wくらいですので、こちらのようにそれに対応出来るステップダウンの変圧器が必要になってきます。

Point
変圧器が必要な場合は、ステップダウンの変圧器を購入しましょう。その際、使用する電化製品の消費電力と変圧器の電力容量が合っているか確認しましょう。

ニュージーランドのコンセントの形状と変換プラグ

ニュージーランドで使用する電化製品が100v~240v対応であることを確認したり、変圧器を購入したら、次にやらなくてはいけないのが、変換プラグの購入です。

日本のプラグはAタイプといわれるもので、縦に細長い切れ目が2本並んでいる形状で、ニュージーランドはOタイプで3本細長い切れ目が入って、なんだか人の顔のような八の字型をしています。八の字の下のお口のような部分は、放電用アースなので電化製品によっては八の字の部分しか使わないものもあります。

ニュージーランドのコンセント

変換プラグ Oタイプ
変換プラグOタイプ

変換プラグの使い方

Pointニュージーランドの変換プラグはOタイプ

ニュージーランドのコンセントにはスイッチがある

一番上の写真を見て、あれ?何あのスイッチ?と思われた方、するどい観察力です!

あのスイッチは安全スイッチです。

ニュージーランドのコンセント 安全スイッチ

ニュージーランドに来て電化製品を使った後、プラグを抜いたばかりのプラグに触ってしまい、ピリッと感じたことが私は何度かあったのですが、軽い感電ですね・・・(^^;;

そうならない為にも、電化製品を使用後は、プラグを抜く前に必ずこのスイッチをオフにしてからプラグを抜きましょう。

そして、もちろん安全スイッチをオンにしないと、プラグをコンセントに差し込んでも電流は流れてきません。

Point
使用する際はプラグを差し込んでから安全スイッチをオン
使用後は、安全スイッチをオフにしてからプラグを抜く

高電圧なのでこれだけはするな!

安全スイッチの使い方が分かったところで、もう1つ。

日本から来た学生さんやワンホリさんがやっているのを目撃して「ダメ~!!!」と雄たけびをあげてしまった危ない行為がこれ。

トースターに引っかかって出てこなくなった食パンをコンセントにつないだままナイフで取ろうとしている!

これは、まじめに危険です。電化製品が壊れるだけでなく、最悪の場合は感電死にいたりますのでトースターにナイフを突っ込んだり絶対しないようにしましょう。

まとめ

ニュージーランドに電化製品を日本から持ってくる際は、電化製品の電圧表示の確認して、変換プラグOを購入してきて下さいね。
もし、変換プラグを購入し忘れてしまった場合、変換プラグは、薬局のトラベルコーナーかJapanMartなどのアジア食品店で販売されています。

スポンサーリンク