ニュージーランドの首相が婚約!

NZ首相とパートナー

ニュージーランドの首相って誰だかご存知ですか?

前回の選挙で労働党を勝利に導いた、38歳の女性、ジャシンダ・アーデン首相です。

そのアーデン首相におめでたいニュースです。ニュージーランドのジャシンダ・アーデン首相が6年お付き合いしているクラーク・ゲイフォードさんと婚約したそうです。パチパチパチ~。

写真出典:canberratimes

スポンサーリンク

どちらがプロポーズした?

二人には、もう既に10ヶ月の娘ニーブちゃんがいますが、クラークさんと首相は先週のイースターホリデー中は、クラークさんのファミリー別荘でゆっくりしていたそうですが、その休暇中にプロポーズしたらしいです。

でも首相の手元をよーーーく見ると、薬指に指輪をはめておらず、真ん中の指にはめてるんですよね・・・

本当に婚約したの??と思われるかも知れませんが、ちゃんと首相の広報が「婚約」については正式に発表しました。

そして、どちら側がプロポーズしたのかもまだ公表されていない、とのことですが、そうですよね~、最近は女性がプロポーズするケースも増えていますからね。

でも、今年の1月に首相はBBCの番組で結婚に関してインタビューを受けた際に、

「いやいや、絶対私のほうからはプロポーズはしませんよ。そんな41歳にもなる男にわざと簡単な機会を作るつもりはありません。絶対自分からプロポーズすることはありません。」

そして、インタビューしてる人が、「でも、あなたはフェミニストですよね?」と言ったら「私はフェミニストだけど、彼には、プロポーズをするということの不安を身をもって味あわせたい。」

と笑いながら言ってましたので、首相からプロポーズしたって事はないでしょう。

NZ首相
写真出典:Getty

ちなみに、今日首相が出席したパイクリバーの式典に居合わせたリポーターによると、首相の婚約指輪はダイヤモンド、だそうです。

38歳の首相は、以前はクラークさんとの婚約はない、と以前は言っていましたが、それは丁度アーデンが第40代目首相になって2ヶ月ばかりの頃でしたので、タイミングの問題だったのでしょう。

アーデン首相は世の中の女性の見本

アーデン首相は、任期中に妊娠出産をし、世の中の女性の見本とされましたが、さらりと「マルチタスクをしている女性は他にもたくさんいるわよ。」と言っていました。

そして、昨年の9月のニューヨークで行われた国連の集会に、赤ちゃん同伴で出席したことが、世界中のニュースにもなりました。

ニュージーランド首相 019年で世界で一番影響力があった人物100人に選ばれる

皮肉なことに先月のクライストチャーチでのテロをきっかけに、首相の名は瞬く間に世界に知れ渡り、ニューヨークタイムズの「2019年で世界で一番影響力があった人物100人」のうちの一人に選ばれました。まー、でもあのお片づけグルのコンマリも選ばれたことがあるようですから、たいしたことないといえばたいしたことないですが・・・(^^;;

ニュージーランド首相の強み

どちらにしろ、世界中の人の目を引いた訳ですから凄いです。彼女の強みは「共感力」と「行動力」でしょう。被害者の家族に寄り添いつつ、事件後すぐさま銃コントロールの法律を成立させるなど、人々の心を動かし、彼女の言っていることに説得力が増しました。

下記は、テロ後の首相のスピーチの一部です。

New Zealand will always protect and celebrate the diversity and openness that make our countries so great

訳すと、ニュージーランドは、多様性と寛容性を守り大事にいつもしており、それがこの国を素晴らしい国にするのだ、という感じでしょうか。

私はニュージーランドに住んで20年近くになりますが、やはり過去のどんな首相より身近に感じる存在であり、今後に期待したいと思います。

で、気になる結婚式の日程ですが、まだ発表する予定はないそうです。(^^)

スポンサーリンク