英語の勉強 ボキャブラリーの増やし方・おすすめ勉強法

2018年3月9日

私は大人になってから本格的に英語を勉強し始めました。
ニュージーランドに来た時は、挨拶が出来る。という程度で、聞き取りは全くダメで、語学学校ではIntermediate(中級)のクラスでしたが、私はそのクラスでも下の方だったような気がします。(^^;;

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
英語学習コラム5回目の今日は、「ボキャブラリーの増やし方」について。

私の場合、まずリスニングが先に上達して、それからスピーキングでした。
語学学校卒業後は、なるべくネイティブの色々な人と会話すべくコミュニティーセンターのConversation Classに参加し、1年後くらいには、日常生活には困らないレベルになったかなと思います。

でも、それは私が英語圏で生活したからでしょ。と言う人もいるかもしれませんが、はっきり言いますが、英語圏に10年住んでも努力しない人は話せるようにもなりませんし、パートナーが英語のネイティブスピーカーでも上達しません。実際にそういう方います。。。

日本でも夫婦は、あうんの呼吸と言いますが、文化が違ってもそうです。特に夫婦になれば、相手の言いたいことが言う前から分かったりするので、パートナーがニュージーランド人だから英語が上達するとは限りません。

ちなみに、私は英語の勉強に関してはめちゃくちゃ努力しました。受験勉強より勉強しました。(^^;;

英語の勉強方法は色々あり、私も色々と試しましたので、ここでは、英語圏にワーキングホリデーで行く、または短期語学留学をする、というIntermediateレベルの人たちのために、どんなやり方がボキャブラリーを増やすのに一番有効だったかをお話したいと思います。

スポンサーリンク

興味が沸く英語の本を読む!

よく子供の本を読むといいよ。と聞きますし、私も実際「不思議の国のアリス」とか読みましたが、ダメでした!なぜダメだったかというと「つまらないから。」です。 (^^;;
日本語でも子供の本を読むのが大好き!または、将来幼稚園の先生になりたい、子供に読んで聞かせたい、という人には良いかもしれませんが、その他の人にはオススメしません。

(あっ、でもこの↓本は大好き♪)

やはり、興味がある分野・ジャンルの本を読むのが良いと思います。例えば、私はLynda La-Planteの大ファンですが、日本語に翻訳されたのも何冊も読みましたので、そこからトライしました。特にシリーズもので一度日本語で読んでいるので、登場人物やお話の背景が知識としてあるので英語でも比較的理解しやすくなるので、オススメです。

 

はっきり言って、めちゃくちゃ難しかったですが、それでも知っている名前や登場人物の背景が分かっているのでなんとかなりますし、「内容が知りたい!」と思えるような先を思わず急ぎたくなってしまうような興味がわく本ですと、辞書を引くのも苦になりません。

それに、そういう興奮、感激する本は記憶に残りやすいので、「あっ、あのシーンで○○って単語が使われてた!」と後々思い出しやすいのです。

英語のチラシ、を見る!

これ、結構役に立ったんですよ~! 例えば下のチラシですが、写真と単語が一緒にありますので、視覚的にも入ってきますので、覚えやすいんです!

方法としては、とにかく見たことのない単語を見つけて、カラーペンでマークをつけて、覚えるためにノートに書き出します。

赤い枠の中。Cutlery(フォーク、ナイフ、スプーンの総称)

青い枠の中。Jar(ガラスのビンのことで蓋がついているものをさします)

緑の枠の中。Vacuum Cleaner(これは簡単ですね♪ 掃除機)

ここでは写真があるので、辞書をひく手間を省けますね☆

そして、その単語の発音を確認するためにGoogleで検索します。

するとこんな感じの検索結果が出てきますので、スピーカーのアイコンをクリックするとネイティブが発音してくれてますので、集中して聞いて自分でも後に続いて発音してみましょう! この方法は、本を読んで見つけた分からない単語の発音を確認する時にもやってみましょう。
こんな感じで、毎日少しづつしていくことで、ボキャブラリーを増やし、発音も一緒にマスターできます!


ある日、義理の母が「Pyrex取ってきて~。」と。

 

写真:Pyrex

日本でもそうかと思いますが、製品名で呼ぶことが多いです。計量カップのことなんですが、「チラシ勉強法」をしたことで、Pyrexを無事、キッチンから取ってくることが出来ました。(^^) こういう体験があることで、この単語を二度と忘れなくなります。

このチラシ勉強法で一気に日常生活で必要なボキャブラリーの数をアップできました!インテリアのチラシ、スーパーのチラシ、ホームセンターのチラシ、などなど日によってチラシを変えて、いつかは辞書なしでも大丈夫になります。日本にお住まいの方は、海外のオンラインショップを使ってみてもいいかもしれません。

ニュージーランドの日用雑貨店 Briscoes

英語のドラマ・映画を見る!

ドラマと映画でしたら、まずは連続ドラマをお勧めします。 一度登場人物を把握してしまうと、2回目以降は比較的に内容が理解しやすくなりますし、長さも1話30分~40分程なので、勉強するにはちょうどいい長さかなと思います。

英語のレベルにもよりますが、最初の1回目は字幕なしで見ます。

そして、どんなところが理解出来なかったのか、意識しながら集中して聞き取ります。この時、あまりにも分からないようだったら、少し難しすぎるのかもしれないので、違うものに変えてみてください。

2回目は、字幕ありで見ます。一時停止ボタンを使いながら、分からない単語や言い回しはどんどん拾って書き出していき、その場で辞書を引きましょう。

なぜなら、その場面を視覚的に焼付け、それとともに新しい単語の意味を確認すると覚えやすくなるからです。何事も五感に焼き付けることで、記憶が高まるような気がします。これは、チラシを見て勉強!にも共通してますね♪

書き出した単語は後で何度も見返せるように持ち運びに便利なこんな感じ↑の小さなノートに書き付けておくといいかなと思います。

分からなかったフレーズ・言い回しは、役者さんになったつもりで、手振り身振りで感情を入れて何度も何度も役者さんが言っていることを声に出してマネします。そうすることで、記憶しやすくなります!

スマホの録音機能を使って、リプレイして自分の発音が役者さんのものに近いかちゃんと確認しましょう。

次回は「英語学習におススメ ドラマ」についてお話しますね☆

まとめ

英語の学習で一番大事なのは、とにかく毎日英語に触れて、それが自分にとって楽しくなるようにすること!

本やドラマや映画だけでなく、音楽が好きな人は歌詞を訳してみたりしてもいいですし、好きなアーティストのインタビュー動画を見たりしてもいいかもしれませんね。

私はドラマ大好きなので、ERやAlly McBealを毎日のようにみて、医療用語や法律用語を何度も聞くことで、ボキャブラリーを増やしていきました。日常会話で誰かがその単語を使ってて、それを聞き取れ理解できた時の喜びは格別です!(^^)

ぜひ、自分が好きなことと英語学習を結びつけて、楽しんで英語を勉強しましょう☆

スポンサーリンク