ホームステイ先にお土産  ホストファミリーに喜ばれるものと喜ばれないもの!渡し方!

2018年4月5日

Photo by Jessica Mineau

ホームステイをする場合、どんなお土産を持っていけばいいのか?本当に悩むところだと思います。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
ニュージーランド人の義理の両親は、過去何十人というホームステイの生徒さんを受け入れてきましたが、実際に彼らから頂いたお土産で何が一番もらって嬉しかったか、またはもらって困ったか、(もらっておいて言うのもなんですが。。。(^^;; )実際に義理の母に聞いたことがあるので、ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ホストファミリーがもらって嬉しかったお土産

これはずばり 「日常で使えるもの」 そして 「消耗品」 です!

ホームステイをしているほとんどのご家庭が、一回限りではなく一年を通して常に生徒さんを受け入れていますので、消耗しないものはタンスの肥やしになってしまうというのが実情でした。義理の母の引き出しやキャビネットには、日本人の生徒さんから頂いたお人形やらこけしやら櫛やらのお土産がたくさん。。。
義理の母も使いきれなくて、本当に申し訳ない。と言ってました。

そこで、実際にホストファミリーがもらって喜びそうなお土産を義理の母の意見も参考に考えてみましたのでご参考ください。

和柄の紙ナプキン


ニュージーランドのご家庭では「紙ナプキン」を毎晩の夕食の時、お客様が来た時、パーティの時、バーベキューする時、等々、本当によく使います! 喜ばれること間違いなし!です!

消耗しますので、柄の好みがもし合わなくても気になりませんし、これは一番におススメのお土産です!

英語では、Servietteといいます。 ニュージーランドでは、Napkinといわれることは殆どないです。

和柄の手ぬぐい・ふきん


日本の手ぬぐいやフキンは、洗えば洗うほど吸収力も良くなり機能性が高いので、私は台所のふきんとしてプレゼントしたらとっても喜ばれると思います!

英語では、Tea Towelと言います。

You can use this as a tea towel or you can wipe your kitchen bench. This is very hardy and absorbent.(フキンとしても使えるし、又はキッチンのベンチを拭くのにもいいですよ。とても丈夫で吸収力があります。)

という感じで説明してあげてもいいですね☆

箸セット


私がニュージーランドに来た20年前とは違って、ニュージーランド人はお寿司はもちろん、日本食やヌードルなどを家庭で本当によく食べるようになりました。

おうちでお寿司をテイクアウトした時などに使ってもらえること間違いなし!

ニュージーランドでは、食器洗浄機を使うお家が多いので洗浄機で洗えるタイプのものがいいですね。

英語では、Chopsitcksと言います。

和柄 エコバック


ニュージーランド(オークランド)では、遅ればせながらやっとスーパーの袋を廃止しよう。とスーパーが主導になってやっと動き出しました。
こちらにも、日本の畳むタイプのエコバックがたまに売っていたりしますが、こういう↓大きいタイプのバックが主流。


車社会だからですが、小さいのもバス通勤の人などにも喜ばれまると思いますので、日本のエコバック、畳めてかばんにすっぽり入り丈夫なので、とっても便利!と英語で説明してあげてみて下さい♪

英語では、Eco Bagと言います。

和風ステーショナリーメモ帳やノート、マグネット

メモ帳やノートも使えるものですし、実際義理の母も喜んで使ってました。

それに外国人は、本当によく冷蔵庫にマグネットをつけてますので、マグネットも喜ばれると思います!

英語では、Memo Pad、Refrigerator Magnetと言います。 Refrigeratorの発音が難しかったらFridge Magnetでも大丈夫です。

消せるペン


消せるペンもやっと文房具店で見るようになりましたが、まだまだお高いです。ちなみに日本で150円で売られているペンがNZでは$5.99です。

どうしてもお土産というとホストマザーが喜びそうなものを買ってしまいますし、それでいいと思いますが、ペンのセットなどでしたらホストファーザーも喜んでくれそうです。

こんな名前入りなんてもらったらきっと喜んでくれます!名前のスペル間違いだけはないように気をつけてくださいね♪

英語では、こちらでは、ブランド名をそのままFrixion Erasable Penと言われることが多いです。

カラーペンセット


もしお子さんがいるご家庭でしたらカラーペンセットが喜ばれると思います。

小さい子供でも大人びた趣味を持っている子もいますので、年齢で子供にプレゼントを選ぶのは本当に難しいです。

こちらでは、こういう香りがついたペンはあまりみかけませんし、カラーペンでしたら小さい子は塗り絵やお絵書きに使えますし、就学している子供は学校で使えます。
学校ではこちらの学生は小学生でも鉛筆やシャープペンはあまりつかいませんので、シャーペンは止めておいた方がいいです。なぜか、ほとんどの子がボールペンですので、ボールペンは絶対使ってもらえると思います!
こういうセットでしたら、見栄えもいいので子供を喜ばすのはなかなか難しいですが、ウァオ!って小さい声で言ってもらえるかなと思います♪

英語では、Colour Pen Setと言います。

ホストファミリーがもらって意外と困るお土産

ホストファミリーがもらって困るものは、やはりこけし、日本の風景の置物など場所をとるものですね。また、扇子やテーブルセッティングなども結構頂くのですが、どうしても室内のインテリアに合わず使えない、または趣味が合わず使えない。という事が多いです。他には、Tシャツなどもやめておいた方がいいと思います。

こちらの人は、大きい人が多いです。日本のLサイズは、こちらの人のS~Mサイズといった感じです。お土産として買っていたけど、サイズが小さすぎて気まずい雰囲気に。。。ということもよく聞きます。(^^;;

そして、意外かと思われるかもしれませんが、私はやめておいた方がいい。と思うのが食べ物です。
近頃は、グルテンアレルギーの人も多いですし、家族全員に、とビスケットを買っていったが、末っ子がアレルギーで食べられず泣かれてしまった。とか、私が語学学校で日本人カウンセラーとして働いていた時に聞いたことがあります。
それに、日本のお菓子は、もちろん好みにもよりますが、あんこが嫌い、という人も多いですし、ビスケットなども甘さが足りない、と感じるようです。

ホストファミリーにお土産をあげる時 渡し方

特にかしこまる必要はありません。
お家に到着してお茶が出てきた時にあげてもいいですし、家族全員が集まった初日の夕食後などにあげてもいいかなと思います。

一番大事なことは、リアクションを期待しない!ということです。

This is for your family. と言って渡して、 Thank you と言ってもらったら良しとしましょう。特に、こちらの子供たちは結構あっさりしてるもんです。(^^;;

ホストファミリーにお土産 いくらのお土産?

ニュージーランドでは、誕生日やクリスマスなどはもちろんプレゼントをあげますが、お土産という習慣が(人にもよりますが)あまりありません。 しかし、ホームステイの生徒さんがホストファミリーにお土産をあげるというのは「これからよろしくお願いします。」というジェスチャーですから、とっても良いことだと私は思います。実際に私の義理の母も、そういう日本の習慣、マナーにとても好感を抱いていました。

お土産の金額ですが、あまり高価なものをあげると、ホストファミリーも恐縮してしまい、かえって困ってしまいますので、1000円から2000円前後くらいが妥当だと思います。
家庭構成にもよりますが、ホストマザーとファーザーに1つずつ、子供達に1つずつ。という感じでいいと思います。

あくまでも「気持ち」ですので。

関連記事:
ニュージーランド あるある 来てみてびっくり!

ニュージーランド ホームステイをする際 これだけ注意しておけば大丈夫!

スポンサーリンク