犬の耳から黒い塊が!耳垢?外耳炎の原因と対処法、愛犬に優しい耳洗浄液のご紹介!

2018年8月8日

頭を振る犬

ある日愛犬ルーシーの耳から黒い塊が出てきました。ルーシーはアトピーを患ってますので、どうしてもアレルギーがひどい時期は外耳炎を再発しやすくなります。初めてみた時は、耳ダニ?耳垢?とかなり心配しました。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
愛犬がアトピー持ちでなくても外耳炎は最も犬がかかりやすい病気とされています。
今日は犬の外耳炎の原因、症状、おウチで簡単に出来る対処法、そして犬の耳に優しいおススメの耳洗浄液のご紹介です。獣医さんに行く前の予備知識としてご参考ください。

スポンサーリンク

犬の外耳炎の原因

犬が外耳炎を患うケースはとっても多いです。その理由は、犬の耳の中の構造は複雑で、特に犬の外耳道は、人間の外耳道が平行に位置しているのに対して縦にL字型になっているがために埃や湿気がこもりやすいからです。

犬の耳の構造図

出典:Petwell

下記のような症状が見られた場合は、外耳炎を患っている可能性があります。

  • 耳や首の辺りをしきりに引っ掻く
  • 黒、赤茶色な耳垢
  • 耳が臭い
  • 耳の内側が腫れている
  • 家具や床に耳をこすりつける
  • 頭を傾けたり、頭をしきりに振っていたりする

耳をこすりつける犬

犬の外耳炎の原因ですが、90%の場合が細菌や真菌によるもので、もともと持病としてアレルギーを持っていることが多いです。
その他の理由としては、小さい虫の混入、耳毛の生え過ぎや垂れ耳のせいで密封状態になり菌が繁殖したなどですが、菌の次に多いケースが耳ダニです。菌と耳ダニのケースを詳しく説明していきます。

犬の外耳炎 マラセチア(真菌)や細菌が原因 アレルギーが背景に

酵母菌の一種であるマラセチア(真菌)や細菌は、正常な健康な犬の中にも存在しているのが普通で普段はそれが病気の原因とはなりませんし、犬の耳は自浄化する自然治癒力が備わっていますので通常は問題にならないのですが、高温多湿の所で暮らしていたりというシビアな環境的な要因や何らかの他の疾患が原因で免疫力が低下した時にマラセチアや細菌が増殖して外耳炎を引き起こし自然治癒力も機能しなくなります。

アレルギーを持っている犬は、免疫力が低下していますので、色々な他の病気を引き起こしやすくなりますが、外耳炎もその1つというわけです。

犬の外耳炎 マラセチア(真菌)や細菌が原因場合の症状

ルーシーを見てて思いますが、常にどこの皮膚も軽い炎症を起こしているような感じですので、耳の中で炎症が起きる→耳の外耳道が腫れる→気道が狭くなり通気が悪くなる→菌が繁殖しやすい環境になる。という悪いサイクルに陥ります。

症状としては、黒い、茶褐色な粘着性のある耳垢が出て、独特のにおいがあります。

犬の外耳炎 マラセチア(真菌)や細菌が原因場合の対処法

軽い外耳炎の場合は、おウチの洗浄で対処出来る場合があります。
私がいつもルーシーにしている方法をご紹介します。

細菌・真菌をやっつけよう! アップルサイダービネガー洗浄液

おウチでキッチンにあるアップルサイダービネガーで簡単に作れる方法です。
アップルサイダービネガーは、消毒作用、抗菌作用がありますので、細菌・真菌を殺すのにもってこいです!
アレルギーを抱えてるルーシーは外耳炎を起こしやすいので、私はいつもルーシーの耳をチェックして、変な臭いがしてきたらすぐこのアップルサイダー洗浄液で綺麗にして外耳炎がひどくなる前に対処します。

洗浄液使用初日:黒い粘着性がある耳垢が!独特なニオイもしました。
犬の外耳炎の症状

アップルサイダービネガー液使用3日目。殆ど綺麗になってますが、外耳道の奥の方はよく見えませんので念のため1日1回2週間続けました。
犬の外耳炎の治療後


用意するもの:アップルサイダービネガー、緑茶(又は精製水)、容器(又はシリンジ)
材料の購入先は使用方法の最後のところをご参考ください。

緑茶に含まれるカテキンが菌の増殖を防ぐのに一役かってくれますし、急須に残ったまだ温かいものを使えば湯煎の手間も省けます♪

使用方法
それぞれを1:1の割合で下の写真の様な容器にいれます。
犬の外耳炎の為のナチュラル洗浄液

必ず少し湯煎して温めてあげましょう。犬の耳の洗浄液を湯煎中

耳の穴に容器の先を入れ、洗浄液を耳の穴全体にいきわたるように液が耳の穴から溢れ出るまで入れます。

耳の付け根をクチュクチュと音が出るように優しく揉みます。犬の耳を揉む

その後、私はビネガーのにおいを消す為に電解次亜水で耳の辺りをスプレーします。

犬に首を振らせてあげます。そうすることで外耳道の奥にある耳垢を出すことが出来ます。

お湯で軽く絞ったコットンで出てきた耳垢をふき取ります。この時、綿棒で耳の辺り(耳介)をきれいにしてもいいですが、決して外耳道に綿棒を入れてはいけません。すぐそこまで出てきていた耳垢を更に押し込んでしまうことになってしまいます。
塗らしたコットンやホホバオイルなどを垂らした綿棒で耳介を綺麗にするだけにしておきましょう。このプロセスを1日1~2回します。

注意点:耳の中に傷があるような状態の時はアップルサイダービネガーはしみて刺激が強すぎますので獣医さんに連れて行かれることをおススメします。

ちなみに私が使っているような容器は100均で売っているドレッシングの容器です。又は使い捨てプラスチックのシリンジでもいいと思います。

犬の外耳炎 耳ダニが原因

耳ダニは正式には「耳ヒゼンダニ」という名称で、耳の中にだけ寄生するダニです。
子犬の時に母親犬から感染するのが普通ですが、ドッグランなどに行って耳ヒゼンダニに既に感染している犬からもらってきてしまうということもあります。耳ヒゼンダニは耳の中で卵を産んで繁殖します。

犬の外耳炎 耳ダニが原因場合の症状

症状としては、ドッグランやお友達の犬と会った後から痒がるようになった、耳垢が黒い・茶褐色、犬がしきりに痒がっているなどです。

犬の外耳炎 耳ダニが原因場合の対処法

すぐ獣医さんに見ていただきましょう。駆除剤が必要になってきます。

犬の外耳炎 細菌・真菌が原因か耳ダニが原因かの見分け方

細菌性の外耳炎との見極めポイントは臭いです。
細菌性・真菌が原因の場合は何ともいえない独特な臭いニオイがします。判断が難しい場合、又はアップルサイダービネガー洗浄液で1週間ほど試してみても改善が見られない場合は、獣医さんに連れていきましょう。

普段のお手入れ 外耳炎を予防! 耳洗浄液クリスプイヤーウォッシュ

外耳炎になる前に予防として普段から耳のお手入れをして細菌の繁殖を防ぎましょう。

耳洗浄液というとノルバサンオチックが主流ですが、動物病院で獣医さんに処方されたならそれが必要なほど外耳炎がひどいということですので、使うべきだと思いますが、普段のお手入れの場合でしたらなるべく本来の治癒力をサポートしてあげるような自然の刺激が少ないノンアルコールのものが良いと思います。アルコールの為、耳の皮膚が荒れてしまう犬も少なくありません。

このクリスプイヤーウォッシュは、化学製品は一切使用しておらず、100%植物抽出物、そしてノンアルコールです。ローズマリーやヨモギ、フキなど天然植物の力で耳の汚れやニオイを分解除去 してくれます。

原材料は、蒸留水、天然ミネラル、フミン酸、アミノ酸、ローズマリー、ヨモギ、フキエキス等植物抽出物です。

この中で1つ耳慣れない言葉・フミン酸がありましたので、調べてみました。愛犬に使うものですから、納得して購入したいですよね。

フミン酸とは・・・

  • 生理活性作用(抗ウイルス力や抗菌力)に期待できる
  • 保湿性能があり、お肌にうるおいを与える
  • 有害な塩素ガスを無害化に
  • アレルゲンを空気中から除去し、マイナスイオンの働きをする
  • 毒性はない
  • 人間の肌と同じ、弱酸性

引用:もっと身近なフミン酸の用途

主に家庭用入浴剤やプールの水質浄化液の塩素の代わりとして利用されているようです。毒性はなく、保湿効果がありお肌に良い!とのことで安心して定期的に愛犬に使えそうです。

まとめ

犬の外耳炎の原因は、細菌や真菌、そして耳ダニが原因の場合が多いです。
上記でご紹介したアップルサイダー洗浄液で1週間ほど試してみても改善が見られない場合は獣医さんに診ていただきましょう。他の要因があるかもしれません。

そして、普段から愛犬の耳の状態を観察したり、耳のニオイなどを嗅いでおいたりしておくと、外耳炎の早期発見に繋がりますので、定期的に耳のチェックをするように習慣づけると良いかもしれません。

スポンサーリンク