犬の涙やけの原因と治し方!涙やけに良いフードは?ケアの仕方は?

2018年9月6日

涙目の犬

愛犬の涙やけ、涙やけクリーナーなど色々試してみたけどイマイチ効果が・・・とお悩みの飼い主さんも多い事かと思います。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
私もその一人。愛犬ルーシーの涙やけの為に色々な方法を試してリサーチしだいぶ改善しましたので、今日は、涙やけが起こる様々な原因とその治し方をフード、そしてケアの両面からご紹介したいと思います!
Photo by Chapss is love

スポンサーリンク

犬の涙やけ

涙やけは、過剰な涙の分泌(専門用語では流涙と言われます)によって起こり、その名の通り、涙が目の下の毛に焼きついた赤茶色に見える症状を指します。

特にマルチーズ・シーズー・ラサアプソ・パグ・チワワなどの犬種でよくその症状が見られ、せっかくの可愛い犬が可哀想!なんとかしたい~。という悩みの種で済む場合もありますが、実は深刻な目のトラブルを抱えている場合もあります。

涙やけ 病気が原因かも?

涙やけの症状を持つ代表的な疾患は:

  • 逆さまつげ
  • 目・耳の炎症
  • 鼻涙管の狭窄・閉塞(先天的・後天的要因)
  • 緑内障
  • 眼瞼内反症(犬のまぶたが内側に巻き込んでる状態)
  • 眼瞼外反症(犬のまぶたが外側にめくれている状態)
  • 短頭種気道症候群
  • アレルギー

・・・等で、もし比較的若い子犬のうちから涙やけの症状が見られる場合は、上記のような疾患を抱えている場合がありますので、ただ単に涙の過剰分泌と自己診断せず一度獣医さんに見てもらいましょう。

これらが原因の場合は涙やけの対処法が違ってきますし、治療をすれば涙やけが解消される場合もあります。

参考:Dr Karen Becker

犬の涙やけの原因と治し方

涙やけしてるマルチーズ
Photo by Jon Seekford

犬の涙やけの直接の原因は、ポルフィリン (porphyrin)と呼ばれる鉄分を含む血液中の老廃物であり、ポルフィリンは通常体外へ便として排泄されますが、犬や猫の場合は、尿・唾液・涙として排泄されます。

そして、ポルフィリンを含む涙やヨダレが、白やクリーム色などの明るい色の被毛上である程度の時間ほうっておかれると、赤いシミ(涙やけ)が出来るというわけです。そして、特に外で過ごすことが多い犬は、鉄分を含む涙やヨダレが太陽の光にさらされる事でその色が濃くなり涙やけがより顕著にみえます。

目に入った異物が原因

チワワなど目が少し出っ張っている犬種の場合は、目にゴミなどの異物が入りやすいです。外から帰ってくると愛犬が涙目になっているような場合は異物が入っていることにより涙の分泌が過剰になっている可能性があります。

これは、シンプルに洗い流して綺麗に清潔にして乾いた柔らかい布で優しく拭いてあげることで涙やけになるのを防げます。

目の周りの毛が原因

目の周りの長くなった毛が眼球に刺激を与えている可能性があります。

最近のトリマーさんは顔だけというミニトリミングをしてくれるところも増えていますので、そう言ったサービスを利用して目の周りをスッキリさせましょう。

アレルギーが原因

涙やけの1つの原因として体質的なもの・アレルギーが原因の可能性もあります。私の愛犬ルーシーの場合はアレルギーが原因でした。

まず、除去食をして食べ物のアレルギーがないかの判断をしたら、後は環境的によるものが原因(花粉・埃など)となってきますので、まずは愛犬のアレルギーの原因を見極めましょう。

除去食の仕方やアレルギーの原因については下記の関連記事をどうぞ。

フードが原因

添加物が多いフードやオヤツを食べているのが原因で、老廃物が溜まりやすくなり涙やけを起こしている可能性もあり、また添加物に対してアレルギーも併発して更に涙やけが悪化している可能性があります。

今まであまりドッグフードの成分を気にしたことがない・・・という飼い主さんで犬の涙やけに悩まれているのでしたら、今一度愛犬のドッグフードやオヤツを見直してみましょう。

飲水量が少ない・きれいな水を飲んでないのが原因

犬の体内の水分量が減っていると、尿としてポルフィリン(血液中の老廃物)が排泄されず涙として排泄され(涙の過剰分泌)涙やけの原因となってしまう場合があります。

また、お住まいの国や地域によっては水道水に塩素・フッ素を含んでいる場所もありますので、その場合は、犬・猫にとっては体に良くありませんのでフィルターで除去し、きれいなお水を飲ませてあげましょう。

お水をすすんであまり飲まないワンちゃんは、フードに鶏がらスープ(無塩)をトッピングとして足してあげるなどして食事から水分を取るようにしてもいいかもしれません。

涙やけの色が茶色の場合 菌が原因

涙やけしているマルチーズ
Photo by Lynda Giddens

涙やけの色が茶色の場合は、菌が繁殖している可能性があります。理由としては、犬の目の下が涙の過剰分泌により常に濡れている状態で菌が繁殖しやすい環境になっているからです。

では、どやって菌が原因なのかどうかを見極めるか?ですが、それは「臭い」です。犬の涙やけに顔を近づけて嗅いでみて下さい。もし臭かったら、それは菌が繁殖してきている可能性が大です。

菌が繁殖しないように、また繁殖してしまった場合も殺菌力があるクリーナーで綺麗にしてあげることで涙やけを防ぎ改善出来ます。(下に↓おすすめの涙やけクリーナーを記しておきましたのでご参考ください。)

菌が原因の場合 プロバイオティクスで改善!

質の良いプロバイオティクスなどのサプリをあげることで体の中から菌の繁殖を防ぐことが出来ます。プロバイオティクスの代表的なものは乳酸菌やビフィズス菌です。ヨーグルトをあげてもいいですが、カロリーや糖分に気をつけましょう。

私の愛犬ルーシーには特にプロバイオティクスはあげていませんが、アトピー性皮膚炎の改善のために生肉をあげはじめたところ、相乗効果で涙やけが改善されてきました。当時は生肉に質の良い乳酸菌が入っているという認識はなかったのですが、嬉しいボーナスです。

涙やけケア

まず、涙やけが何かの疾患と関係していないか、フードや水が原因ではないか、目の周りの毛がボーボーではないかなどを排除したら、後は目の下を清潔に保つことで涙やけが改善します。

簡単な対処法としては愛犬の顔を1日2回、ホウ酸水液で拭いてあげて常に清潔にしておくことです。

犬の涙やけは ホウ酸水液でキレイに!

ホウ酸は、結膜嚢の洗浄と消毒に使用され、また洗眼薬のアイボンなどには保存料として用いられている安全なものです。

人間にももちろん使用できますが犬の涙やけの症状を改善するのにも使えるのです。私も愛犬ルーシーの為にデイリーケアの1つとしてやっています。

ホウ酸水液の作り方

  • ホウ酸・・・薬局で400円くらいで購入出来ます。3gずつパックになっているものがイチイチ計量しなくて済むのでおすすめです。
  • 精製水・・・薬局で購入出来ます。
  • 清潔なボトル・・・百均で購入出来るもので十分です。使用前にアルコールで殺菌しましょう。
  • コットン

上記のものをまず用意しましょう♪

  1. 耐熱の清潔な計量カップで精製水150mlを測って入れ、電子レンジで少し40秒ほど温めます。(これは粉状のホウ酸を溶かす目的です。)
  2. 温めた精製水にホウ酸を3g入れて、溶かします。
  3. アルコール消毒したボトル容器(ボトルがプラスチック製の場合は人肌に冷ましてから)ホウ酸水液を入れます。
  4. できあがったホウ酸水液をコットンに染み込ませ、目の下の涙やけしている部分を優しく拭きます。
  5. ホウ酸水液は冷蔵庫保管し、2週間以内に使いきりましょう。冷たいホウ酸水液は犬が嫌いますので、毎回湯煎してあげるといいかもしれません。

市販の涙やけクリーナー

市販されている涙やけクリーナーで私がこれだけは信用が置ける!と思うのが成分に銀イオン(ナノ(コロイド)シルバー)が入っているものです。銀イオンは食品添加物として登録されており、安全かつ強い除菌・殺菌効果を持っています。

銀イオンとは?
銀が分子状態で水に溶解し電荷を持ち活性化したもの。
レジオネラ属菌・大腸菌・一般細菌・MRSA・ヘルペスウイルス・赤痢等ほとんどの菌に対して有効。 引用:日本イオン株式会社

 
ポチタマのぱっちり 涙やけクリーナー

ポチタマのぱっちり涙やけクリーナーは、肌への浸透力の高めるためのOHマイナスイオン水と強い殺菌力がある銀イオン、そしてハーブの有効成分を配合したものです。

成分:OHマイナスイオン水、銀イオン、ハーブ類(ヒース、エキナセア、アイブライト、セージ)

それぞれのハーブの有効成分:

  • ヒース:抗菌効果があり、アルブチン(美白成分)を含む
  • エキナセア:免疫力を高め、ウイルスや細菌の侵入を阻む
  • アイブライト:目の様々なトラブルに効果的、抗炎症作用・収れん作用
  • セージ:強い抗菌・抗ウイルス作用を持つ

使い方:スポイトタイプなので、そのまま涙やけの部分にたらして使えますが、ワンちゃんが嫌がる場合はコットンに染み込ませてから拭いて、デイリーケアの1つにいれてあげて下さい。

まとめ

涙やけの原因には色々ありますが、獣医さんに診てもらい特に器官的疾患もないと判断されたら、まずは、目の下をホウ酸水液や市販のおすすめクリーナーなどで清潔にケアしてあげましょう。

そして、愛犬のフードを見直す良いチャンスです!
色々な原因もありますし個体差がもちろんありますが、私の愛犬ルーシーの場合は、ホウ酸水液のデイリーケアとたんぱく質が豊富で乳酸菌が入っている生肉食に切り替えてあげたことで、だいぶ改善されたと思います。

スポンサーリンク