犬のマーキング なぜ人にする?解決法をご紹介!

2018年6月23日

Photo by Julien

愛犬が、友達や近所の人の足にピーッとオシッコをひっかけた!!! お友達のおウチやドッグカフェに行った時に粗相をした! 恥ずかしいやら、情けないやら、申し訳ないやら、何とも言えない気持ちになりますよね。。。
でも、大丈夫!犬のマーキングの原因を突きつめることで解決できます!

こんにちは、ラン (@kikispets)です。

今日は、なぜ犬がマーキングをしてしまうのか?原因別に対策方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

犬のマーキングの原因と対策法

一言で犬がマーキングする!と言っても、マーキングをする場所、マーキングする人、マーキングをする状況によって原因、そして解決方法が違ってきます。

自分の家の中でマーキング

自分の家の中でマーキングしている場合、まずは去勢させましょう!オスの場合は、どうしてもテリトリー意識が多いので、去勢後は断然に効果を感じると思います。犬の去勢手術についてはこちら犬の去勢手術をどうぞ♪

去勢後、まだ自分の家でマーキングしてるんですけど~。。。。という場合は、3つの理由が考えられます。

1.トイレトレーニングが出来ていない

基本、犬は綺麗好きですので、自分のテリトリーが汚れるのをとても嫌います。それで、そこら中におしっこをしている場合は、まずは、トイレトレーニングを見直してみましょう。

2.膀胱炎や後天性尿道括約筋の機能不全などの病気

やたらと頻繁にオシッコをしていたり、尿の色を観察して少しでも血が混じっているようでしたら膀胱炎が疑われますので、すぐ獣医さんに連れて行きましょう。また、後天性尿道括約筋の機能不全の為おしっこを漏らしてしまう。ということもあります。後天性尿道括約筋の機能不全については、ルーシーが尿失禁した時に詳しくこちら→犬が寝ている時にお漏らし・尿失禁についてに書いてあります。

3.主従関係が築けてない

犬は群れの習性があり、どんなに可愛い愛玩犬でもリーダーを必要とします。
飼い主さんがリーダーになっていないと犬は不安になり色々なことに恐怖心を抱くようになります。 対策としては主従関係を築く!です。マテをマスターしたり、散歩を通して築くことができます。

関連記事主従間関係の築き方は、こちらの 小型犬は散歩は不要?犬の待てのしつけ方をどうぞ。

他人の家やドッグカフェでマーキング

お友達のお家やドッグカフェでマーキングをしてしまう場合は、病気などの要因を除いた場合、テリトリー意識による場合、そして、ただ単に犬が興奮している、または、新しい場所で少しコワイ、と感じているということが考えられるかもしれません。

犬の性格も人間と同じで、興奮しやすい犬、すぐビビッてしまう犬など色々です。
オシッコやマーキングをさせない為に、犬の性格を変えて警察犬のように決められたところでしかオシッコをしないというのも飼い主さんが望むのならアリだと思いますが、知り合いのドッグトレーナーによると、個性を潰してしまう。とのことでしたので、私は基本、人様に迷惑、例えば咬んだり、無駄吠えしたり、人にオシッコかけたりしなければ良いと思ってます。

なので、ルーシーの性格を潰してまでもトレーニングするのは止めました。 ルーシーもお友達のおウチにいくとマーキングをしてしまうので、対策、予防としてはマナーパンツを利用しています。

最近では、色々と工夫されたマナーベルトやマナーパンツも出てきてますので、とっても便利です。オススメのマナーベルト・マナーパンツはこちら→犬のマナーベルト・マナーパンツの選び方!嫌がるワンコには?ずれない為には? をご参考下さい☆

自分にマーキングされる

犬が飼い主さんに向かってマーキングする原因の殆どが主従関係が築けていないからだと思います。
まずは、もう一度愛犬に「君のリーダーは私だよ!」って教えてあげて、犬を楽にさせてあげましょう。犬は誰かについていくのが大好きでその方が安心するのです。

関連記事主従関係の築き方はこちら小型犬は散歩は不要?犬の待てのしつけ方をどうぞ♪

他人や家に来たお客さんにマーキングする

この場合も、お友達のお家やドッグカフェなどでマーキングしてしまうのと同じで(病気などの要因を除いた場合)テリトリー意識、そして、ただ単にお客さんが来て嬉しくて犬が興奮している、または、お客さんが少しコワイ、ということが考えられます。

対策としては、まずは、飼い主さんが犬をコントロールし(リードをつけるなどして)落ち着かせ、それからお客さんに紹介します。ハローと言って撫でてもらったら、犬の興味をほかに向かせます。

コングの中にオヤツを入れて遊ばせたりしてみてください。コングからオヤツが出るまで少し時間がかかるので、犬の興味はそちらにいきその間に落ち着いてきますので、テリトリー意識や恐怖心から犬の意識をそらせ、また興奮も鎮められます。ぜひ、お試しください♪

↑こちらは子犬の頃のルーシーで、コングも子犬用です。子犬の頃は顎が発達中ですので、コングの硬さも子犬用になってますので、子犬に購入する場合は、子犬用パピーコングを選んで購入しましょう。ルーシーは現在4歳なので、子犬用は卒業して赤いコング・サイズSを使っています。

まとめ

犬のマーキングは、病気などの要因をまず除いたら、「どんな場面でうちのワンコはマーキングしてるのか?」を考えて、適切な対策、予防をしましょう~♪

スポンサーリンク