犬の耳掃除の正しいやり方とおすすめ耳洗浄液 おウチでの犬のお手入れ

2016年4月29日

ボールで遊ぶ愛犬ルーシー

犬の耳は、とてもデリケートな部分で耳のケアを定期的してあげないと、様々な耳の病気を引き起こしたりもします。また、間違ったケアをすることでかえって犬の耳にダメージを与えてしまう可能性もあります。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
今日は、犬の耳の正しい掃除の仕方をステップバイステップでご紹介、犬の耳掃除で絶対しちゃいけないことなども含めてのお話です。

スポンサーリンク

犬の耳掃除

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

Photo by Will Marlow

長毛で垂れている耳の犬は、耳道への通気が悪く外耳炎などにかかりやすいので、日常の耳のチェック、そして定期的な耳のお掃除はとても大事です。

犬の耳掃除の仕方

まず、耳の付け根を優しく揉み、変な音がしないか確認します。その後、耳の臭いを嗅いでみて、悪臭がないか確認します。そして、耳の中を広げて見ましょう。耳の周りに黒い垢のようなものがないか、耳が腫れてないか、できものがないかをチェックします。

耳の毛の処理

まずは、耳の毛の処理をします。耳穴周辺の毛が太く硬い犬種の場合は、先が丸まったハサミで短くしましょう。

耳道の毛は、専用のイヤーパウダーを使用すると滑らず良く抜けます。この際、指に軽くつけるようにして、パウダーが耳の中に入らないように注意しましょう。このパウダーを犬の耳の乾燥に使うトリマーさんも昔はいましたが、最近は使わない方がベターという意見が主流です。

この作業は少しずつ犬の毛の流れに沿ってそっとおこないます最初は指先で抜き、内部は鉗子で一本ずつ抜くくらい慎重にやりましょう。

犬の耳洗浄液を使う

犬の耳をお掃除する際、犬は水分が耳の中に入ると頭をブルブルと振って耳の中の水分を出そうとしますので、汚れても良い大きいバスタオルの上でするか、またはシャンプータイムにすると良いかもしれません。

犬の耳洗浄液の使い方

ステップバイステップでご紹介します。

  1. 洗浄液のノズルを耳の穴に優しく入れ、ボトルを絞ると中の液が出ます。耳から液が溢れ出すまで洗浄液を入れることで耳の中全体に液がいきたわります。
  2. 耳の付け根を優しく揉みます。強く揉むと炎症の原因になりますので、やさしくクチュクチュと音も立てながら揉みましょう。
  3. 犬から手を放し、犬をブルブルさせて揉み出した汚れを外にだしてもらいましょう。
  4. コットンやティッシューで耳周辺の水分や耳から出た汚れをふき取って綺麗にします。

犬の耳のお掃除 これはダメ!

綿棒はせっかく洗浄液+犬のブルブルで外に出てきかけていた汚れを更に押し込むことになりますので、決して外耳道に綿棒は入れないようにしましょう。

犬の耳の耳介と呼ばれる、目で見える細かい部分を綺麗にする時にだけ綿棒は使用します。

出典:Petwell

また、耳のお掃除のしすぎも耳の皮膚に負担をかけてしまいますので、2週間に1回程度で大丈夫です。

おススメ 犬の耳洗浄液

私のおススメは、100%植物抽出物・ノンアルコールのクリスプイヤーウォッシュです。

ノゾルの先を耳に突っ込んでボトルを少しギュッとして中の液体を出すというやり方なので、綿棒などもいりませんし、とっても使いやすいです。上記の1~4のやり方ですればバッチリです☆

犬が耳を障らせてくれない、咬もうとする

まず、「嚙む」の根本的な問題の1つは、主従関係の未発達だと思います。飼い主をリーダーとして認めていないため、上下関係が逆転しているのです。そして2つ目は、犬が「人を嚙む」ことは「悪いこと」だ。とはっきり認識していない。この2つが主な理由です。

詳しくは 成犬が嚙む!その原因と効果的な対処法 をどうぞ。

このことについては小型犬は散歩は不要?の「主従関係が築ける」でもお話していますが、主従関係を築くのにはそれ相応の時間を要しますので、ここではとりあえず、お手入れする時に嚙む犬に対してどのような方法でお手入れしていくのかをご紹介します。

犬を保定し、犬に触られることを慣らせよう

  1. 犬を後ろから保定する。(自分の又に犬を挟む感じです。)これは、犬に後ろから抱くことでどちらが主人か犬に知らせてます。
  2. 犬のマズル(鼻先)を片手で掴み、上下左右と軽く動かす。これも、犬にとってはあまり触られたくない部分ですが、これを何度かすることで、「あー、そんなに悪くないなー。」と慣れさせ理解させる狙いです。
  3. 横向きに寝かせ、耳、足先、尻尾を順番に触っていく。嫌がってもしっかり保定します。
  4. おやつをあげる。
  5. おやつに気を向かせ、食べてる間に掃除。

耳の掃除をする場合は、掃除中に4と5を繰り返します。基本、触られるのが慣れていないとお手入れはイヤなはずなのですが、おやつを食べているのに夢中で幸せなので、犬も抵抗しません。そして、次第にお手入れ中は楽しい時間と記憶されるようになります。

ただし、愛犬がかなり凶暴、または保護犬の為触らせてくれるには時間がかかる、という場合はプロのトリマーさんに任せるのが一番です。無理せず、徐々に犬に触らせてもらえるようにしていきましょう。

まとめ

おウチで定期的に愛犬の耳のお手入れをすることにより、犬の耳の健康を保つことができますので、愛犬とのスキンシップも兼ねてお手入れの時間を楽しいものにしましょう!

関連記事 ビバテック シグワン360度犬の歯ブラシ 使ってみた

スポンサーリンク