毛が抜けない犬・臭わない犬12選!

2019年2月11日

毛が抜けないスタンダードプードル

犬は大好きだけど、抜け毛が・・・掃除は苦手・・・犬を飼ったことで部屋が臭くなるのは嫌だな・・・という方は多いかと思います。

こんにちはKikispetsです。

そんな方に今日は、「毛が抜けない犬・毛が抜けにくい犬・臭わない犬」をご紹介したいと思います!
毛が抜けないというと、毛がない皮膚がツルツルの犬?? と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ふわふわ、さらさらの綺麗な被毛を持ったワンちゃんでも、シングルコートであったり、被毛のタイプによっては、毛が抜けない・抜けにくい犬も沢山います。

ちなみに私の愛犬ルーシー(マルチーズとオーストラリアンシルキーテリアのミックス)は、全くと言っていいほど抜けません。ブラッシングした際にブラシに少々つく程度です♪

これから、犬を飼う!という方、どんな犬種があなたにぴったりの犬種なのかどうか、ぜひご参考下さい!

Photo by warchild

スポンサーリンク

毛が抜けない犬はアレルギーを起こしにくい?

毛が抜けない犬、または毛が抜けにくい犬をお探しの方には、掃除が楽になる!という理由だけでなく、犬アレルギーだから!という方もいらっしゃるかと思います。

犬アレルギーのアレルゲンは、犬の体内で生成されるプロテイン物質で、犬のフケ・唾液・尿に多く確認されています。そして、このアレルゲンに対して、何らかの理由で過剰に反応する免疫システムになっている人間が、犬アレルギーを発症するというわけです。

つまり、犬の抜け毛に対してアレルギー反応を起こしているというより、その毛についた唾液、または、犬の皮膚から落ちたフケが要因となっていますので、毛が抜けないから犬だから犬アレルギーにはならないとは言えず、実際のところ、犬アレルギーを起こさない犬・犬種というのは存在しないとされています。

ここでは、毛が抜けない犬・毛が抜けにくい犬=お掃除が楽チンの犬・犬種をご紹介します!

マルチーズ

マルチーズ犬
Photo by kitty.green66

マルチーズと言えば、白い絹のような肌触りの被毛を持っていることで有名です。特にショードッグに参加しているマルチーズは、床に着くほどの長-いサラサラの被毛を保っています。

毛がふさふさな印象ですが、シングルコートなので意外にも毛は抜けなく、ソファーやベッドの上にのせても抜け毛は気になりません。

私は個人的にマルチーズを飼ったことがありますが、体臭は気になりませんでした。

シーズー

シーズー犬
Photo by Robert Nunnally

愛嬌があって、忠誠心が強いシーズーは、柔らかい被毛を持ったダブルコートです。毛が抜けない犬種とされていて、ブラッシングする時や毛が切れた時などに少し抜ける程度です。

毛質は柔らかくしなやかで毛玉が出来やすいので、週に1度のブラッシングは必要です。

ブリュッセル・グリフォン

ブリュッセル・グリフォン
Photo by Ger Dekker

ブリュッセル・グリフォンは、茶色に赤みがかかったジンジャー色の固い被毛を持ったシングルコート犬です。

毛は殆ど抜けませんが、毛が細いことから、絡みやすいので週に1度のブラッシングは必要です。

プードル

プードル
Photo by Deb Watson

プードルは、トイプードル・ミニチュアプードル・スタンダードプードルと3つのサイズに分けられますが、毛質はどれも同じで、柔らかい巻き毛が特徴。毛が抜けにくい犬種とされています。

また、プードルは体臭が殆どなく、そのようなこともプードルが日本で飼育率が一番高い!とされる理由かもしれません。

しかし、プードルの柔らかい巻き毛は、毛玉が出来やすいので要注意です。週に3、4回のブラッシングが必要になってきます。

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
Photo by a4gpa

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ちょっと長めこの名前、「ウェスティ」の愛称で世界中で人気がある犬種です。

ウェスティの毛は、固めでゴワゴワとしていて、トップコートとアンダーコートの2重構造からなっていますが、他のアンダーコートを持つ犬種に比べると、抜け毛は少ない犬種です。

ビションフリーゼ

ビションフリーゼ
Photo by State Farm

近年、日本で人気がうなぎのぼりのこのフランス出身の犬種・ビションフリーゼは、真っ白い巻き毛を持った、ダブルコートの小型犬です。

抜け毛自体は、ダブルコートの犬種の割には少ないとされています。しかし、毛を伸ばしたフワフワのスタイルにしておくと、もともと毛の量が比較的多い為、ブラッシングの際に抜ける毛の量はどうしても増えてきてしまいますので、パピーカットにしておくとお手入れが楽です。

ケリー・ブルー・テリア

ケリー・ブルー・テリア
Phobo by Martin Hesketh

ケリー・ブルー・テリアは、子犬の時の被毛の色はブラックで、成犬になるとその名の通りブルーがかった毛の色になっていく中型犬です。

シングルコートなので抜け毛がない犬と言えそうですが、毛の量もシングルコートの割には多く、毛質は羊の毛のように柔らかくカールしているので、毛玉にならないように、週に2、3回のブラッシングは必要になってきます。

ハバニーズ

ハバニーズ
Photo by Martin Taylor

元気いっぱいでフレンドリーなハバニーズは、家族に対する忠誠心が強いので、小さいお子さんがいるご家庭でも比較的飼いやすい犬種です。
日本では、まだ珍しい犬種ですが、ハバニーズのサイズや性格が日本の生活スタイルに合っていることから、ブリーダーの数も増えてきて人気が上がりつつあります。

ハバニーズの被毛は、長くて軽くて柔らかい絹のようで少しだけ軽くパーマがかかったよう感じです。長年シングルコートとされてきましたが、近年、ダブルコートと言われるようになりました。というのも、通常トップコートとアンダーコートは毛質がまったく違うのですが、ハバニーズの場合殆ど毛質が同じということで、長い間シングルコートと見られていたようです。

ハバニーズも毛が抜けにくいとされています。しかし、毛の伸びが比較的早く、柔らかい毛質ということからとても絡みやすいので週に2、3回のブラッシングは必要となってきます。

シュナウザー

シュナウザー
Photo by Reuben Yau
シュナウザーは、ミニチュア、スタンダードに関わらず、賢くて元気いっぱいの性格を生かして番犬として活躍出来るだけなく、忠誠心が強いことから家庭の愛玩犬としても人気の犬種です。

被毛は、硬めのダブルコートで、トップコートは、軽くワイヤーがかっており、アンダーコートは、短くて柔らかいのが特徴で、抜け毛が少なく、また体臭も少ない犬種とされています。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリア
Photo by Mike

真っ黒なまん丸な目が特徴な可愛らしいヨークシャテリアは、「ヨーキー」という愛称で親しまれている犬種です。

ヨークシャテリアの被毛は、まっすぐで絹のように艶があるシングルコートで、抜け毛が少ないとされて、シャンプーをした際やブラッシングの際に少量抜ける程度です。
ブラッシングは週に1度は必要です。

オーストラリアンシルキーテリア

バスケットをくわえたシルキーテリア犬
Photo by Australian Silky Terrier Of Silky’s Dream

オーストラリアンシルキーテリアは、ピンッと立った耳、テディベアのような真っ黒な鼻を持っており、柔らかいアンダーコートと、硬めで少しざらざらとした剛毛なトップコートが特徴な小型犬です。
オーストラリアンシルキーテリアのダブルコートは、暑い気候や寒い気候に適応しやすくなっており、抜け毛がなく、お手入れも他の犬種と比べると比較的楽で、週に1回程のブラッシングで十分なので、とても飼いやすい犬種です。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
Photo by Shelley Groomer

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルは、その名の通り、アイルランドで水鳥狩猟犬として活躍した大型犬です。

日本では珍しい犬種ですが、とてもアクティブな性格なのでアウトドアや釣りを趣味とされる飼い主さんの間で密かな人気です。

密集度が高いカールした硬い被毛が特徴で、ダブルコートですが抜け毛は少なく、ソファーなどに付いたとしてもその毛質から掃除がしやすいとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本で比較的人気がある犬種の中から、毛が抜けない・毛が抜けにくい・臭わない犬種を選んでみました。
ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク