WordPress ベストなパーマリンクはどれ?パーマリンクを選ぶ際の注意点

2016年10月8日

最近になってやっと気付きました。WordPressでブログを作ったら、まずしなければならないのが、パーマリンクの設定ということを!

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

独学でWordPressを始めた私はこのことを見落としていて、7ヶ月間パーマリンクの設定をデフォルトでやっていました。。。悩みに悩んで最近、やっとパーマリンクを自分のブログに合うと思う形に変更しました。今日は、パーマリンクって何なのか?パーマリンクの設定がなぜ大事なのか?どのパーマリンクがベストなのか?について、パーマリンクを選ぶまでのその過程を書いてみました!

(パーマリンクの変更の仕方や変更時にトラブルがあった事などを、WordPressパーマリンクの変更の仕方 パーマリンク変更のデメリットは?に書きましたので良かったらご参考下さい。)

スポンサーリンク

 パーマリンクとは

 

同じサイトURLの中で記事ごとにこの部分が変わります。

パーマは英語のPermanentからきていて、「永久に」という意味があります。ということは、「パーマリンク=永久的なリンク」という意味になるでしょう。これで、もうお分かりだと思いますが、この部分は永久的で一時的なものではないので、サイトを運営するに当たって頻繁に変えたりするものではない重要なポイント。ということになると思います。

ですので、WordPressでこれからブログを構築される方は、慎重に自分のブログに合ったパーマリンクを選びましょう。

 ベストなバーマリンクはどれ?

まず、どのパーマリンクが良いか?これも決めるまで時間がかかりました。というのも、色々選択肢があり、安易に選ぶと後々大変な目にあうからです。

では、1つずつ見て行きましょう。

ダッシュボードの設定→パーマリンク設定でこの画面になります。

基本 ?p=123, 数字ベース archives/123

この123の部分は記事を書くごとに自動でランダムに振り分けられる番号で、123だから次は124というわけではなく、いきなり516とかになったりします。

良い点:短い

悪い点何の記事なのか内容が分からない。また、サーバーを移した時に、この数字の部分が変わってしまい、ごちゃごちゃになる可能性大。そして、数字の桁数が増えていく。私は7ヶ月運営し、記事は若干60記事で既に4桁になってました!長く運営したいので、これが10年とかになったら一体何桁になるのかと想像したら怖くなりました。。。

判定:やめておいた方が良い。

 日付と投稿名 2016/10/07/sample-post/, 月と投稿名 2016/10/sample-post/

このsample-post/の部分は日本語で投稿名を書いていたらそのまま表示されます。

良い点:ブログのタイプが日記の場合、おススメ。日記は長く続けていたら評価されますから、日付が分かるのは良いと思います。記事内容もURLから分かるので良い。

悪い点:情報提供タイプのブログには良くないです。せっかく記事を時々見直して情報をアップデートして新鮮さを保とうとしてもURLの日付の部分から古い記事だと思われてしまいます。また、投稿名が日本語の場合、手動で英語に直す手間がかかる。(編集の仕方は”投稿名”のところで説明してますのでご参考下さい。)

判定:日記ブログなどには良い!

投稿名 sample-post/

良い点記事の内容が分かる。気をつければURLを短めに出来る。(英語には省略語が多いので例えばWordpressをwpというように省略しても分かるものは短く省略出来る。)

悪い点:投稿名は”Post-1234”となり、この部分を英語に直す手間がかかる。

判定:編集の手間はあるが、URLは短めに出来るし、SEO的にも良しの◎!

では、編集の仕方を説明します。

 日本語のURL部分・Post-〇〇〇を英語に手動で編集する方法

日本語の部分または下記の場合post-1181の部分を英語に変更します。

編集ボタンをクリックして、投稿名に合った英語でタイプし直し、OKをクリック

するとこうなりますので、

更新ボタンをクリックして完了です。この作業を忘れさえしなければ、簡単です。

カスタム構造

良い点:下記の構造タグを利用してカスタマイズ出来ます。

例えば%category%/だけにしたり、%category%/と%postname%/を組み合わせたり、%category%/と%post_id%を組み合わせたり。

上記のような設定にすると、URLから記事の内容がとても分かりやすくSEO的には良いかもしれません。

ちなみに、%postname%としても、上から5つ目の投稿名のところのラジオボタンに青色がついてしまい、結局、投稿名を選んだことと同じになります。

ただ、投稿名 sample-post/を選ぶとPost-1234と番号が振り分けられるが、%postname%だと日本語表記になってしまう。(のだと思います。私は実際、投稿名sample-post/を選んだ時に日本語で表記されるのかと思ってましたら、番号だったので、少し困惑してしまいました。でも、こういう理由だと今のところ解釈していますが、もし間違っていたら、どうぞコメント欄でご指摘頂ければと思います。)

日本語のままだとURLをどこかに投稿した時にやたら長く表示されてしまいます。

http://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%

こういう↑感じになります。なので、絶対英語に編集し直しておく必要があります。

悪い点カテゴリーを入れると後でカテゴリーを変更したくなった時にURL自体が変わってしまうので出来ない。カテゴリーに子カテゴリーを入れると、URLも長くなる。

判定:%category%カテゴリーって誰もが絶対と言っていい程後でいじりたくなるものですからカテゴリーは絶対ダメ!(カテゴリーを絶対いじらない自信がある方はOKです)

%post_id%の固有ID番号は自動でランダムに振り分けられた番号ですから、規則性はないですから見た目も良くないですし、あくまでもこの番号はデータベース内での番号ですから、後にサーバーを移るという時にURLが変わってしまう可能性が大だそうです。

%postname%は、空欄のところにちゃんと%postname%と入力しても、投稿名のところのラジオボタンに青色がついてしまい、結局、投稿名を選んだことと同じになります。

構造タグ

%post_id% 投稿の固有IDを取得します。例えば、423です。

%postname% 投稿の投稿名を取得します。

%category% 投稿のカテゴリーを取得します。サブカテゴリーは入れ子にされたディレクトリとして取得されます。

引用:WordPress Codex 日本語版

 投稿名 sample-post/ が私のブログにはベスト!

色々なブログの形がありますので、人それぞれだと思いますが、上記の様なことから判断して、私のブログには投稿名 sample-post/が最適だと思い、

から

へ変更しました。

変更の仕方や変更時に少々トラブルがあった事などを、WordPressパーマリンクの変更の仕方 パーマリンク変更のデメリットは?に書きましたので良かったらご参考下さい。

 まとめ

ブログ運営していく上で、知らなきゃいけないことって本当に沢山ありますが、その中でもパーマリンクは重要なポイントだと思います。上記の内容が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク