猫が足にかみつく! 猫が凶暴・攻撃的になった時の原因と対処法

2018年6月19日

先日、迷い猫を保護されたご家族から「うちの猫が足にかみつくの!」というご相談がありました。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

今日はなぜ猫が足にかみついたりするのか?その対処法も含めてお話します。

スポンサーリンク

猫が攻撃的・凶暴になってしまう原因と対処法

猫がいきなり飛びかかったり噛み付いたりする原因としてはいくつかあります。

怖がっている

何らかが原因で怖がっていて、自分の身を守るために攻撃的になってしまっている場合で神経質な猫ちゃんの場合は余計に怖がります。

その原因として考えられるのが・・・

大きな声

猫の聴覚はとっても優れていますし、特にハイピッチの音を嫌う傾向にありますので、猫の周りではあまり大きな声で叫んだりするのはやめましょう

対処法:はじめて猫とご対面する時は、ゆっくりとした動きでささやくような声で接しましょう。

大きな音

大きな音で一番猫が怖がるのが、夏の季節の花火の音です。ご近所さんが花火を始め、猫が怖がっているようでしたらすぐ対処してあげましょう。

対処法:テレビのボリュームを少しあげて普段から聞き慣れている人間の声でかき消すようにするとバッチリです。

子供の突然な動きや奇声

お子さんが猫にひっかかれた。というのも良く聞きますが、原因としては、猫が子供特有の動きや声・泣き声に慣れてない、またはお子さんに乱暴に撫でられた。尻尾をひっぱられた。ということが考えられます。

対処法:猫を高さのあるケージに入れてあげ、しばらく猫に子供の動きを観察させ、声や泣き声に慣れさせ、子供ってのはうるさいけど大丈夫な生き物なんだな。と思わせることです。

ケージから出すのは、少しずつにして、お子さんには、猫を触る時は「優しく撫でなくてはいけない」ということを教えてあげましょう。そして、万が一の時は猫がいつでもケージ内に逃げられるようしておくのも大事です。

こちらのケージは、スライドドアが付いていてお世話がしやすく、移動に便利なキャスターが付いてますのでお掃除もしやすいです。固定したい時はキャスター皿が付いてるので安心♪

また3段なので、ケージとしてだけではなく、猫のキャットタワー的な役目も果たしてくれそうです。姉の猫のキラちゃんとソラ君もケージを登って天辺でくつろぐのが大好きです☆

ストレスが溜まっている

猫も人間と同じようにストレスを感じます。その原因として考えられるのが・・・

必要以上に飼い主がかまい過ぎる

猫は社交的でもありますが、気まぐれでもあり「一人にしてよ。」という面も多々あります。サインとしてはシッポを左右に大きく早くふっている、シャーと威嚇するなどがあります。

対処法:シッポを大きく左右に振り出したなどのサインに気付き噛み付かれる前に猫に触るのを止めましょう。

今までと環境がガラッと変わってしまった

私の友達の猫ちゃんの場合は、これも原因の1つかな~と思います。まだ若い猫ちゃんですが、迷い猫だったので外の楽しさを知ってしまっているのです。なので、四六時中家の中にいるのはつまらなくちょっとイライラしているのだと思います。

対処法:時間を決めて構ってあげ、家の中も十分楽しい!と思わせてあげることです。

遊び足りない場合

怖いのでもなく、ストレスでイライラしているのでもなく、ただ単に「遊んでー」と言って人間の足にガブッと噛み付いたり、後ろから飛び掛ったりしてるということも、若い猫の場合は多々あります。

全ての子猫や1~2歳の若い猫はとっても元気で遊びが大好き。また、遊びを通して本来の猫社会で生きていくための社交スキルを学びます。
私の友達の猫ちゃんが特別なわけではなく、特に若い猫には良くみうけられる行動で、ストーキングしたり追っかけっこしたり引っかいたりかみついたりしてるのは彼らにとっては遊びなんですね。遊びを通して社交スキルを本能で学んでいるのです。しかし、飼い主さんにしてみたら、痛いしひっかかれるしで「なんてうちの猫は攻撃的なんだ!」と思ってしまうかと思います。

対処法:まずは、たくさん遊んであげましょう若い猫なら1日2回くらい最低でも10分ほどはねこじゃらしなどで遊んであげる必要があると思います。

また、猫は一人遊びも上手なので、キャットトンネルや猫が登れるような段差があるキャットタワーがあれば理想ですが、なければタンスの上に猫が飛び乗れるようにタンスの上には何も置かないようにしておいてもいいかもしれません。

まとめ

猫は顔の周りの筋肉がとても発達していて、顔を見ると「あっ、怖がっているなぁ」とか「遊んで~」って言ってるなぁとか分かるようになりますので、よく観察して猫と遊んであげて下さいね♪

スポンサーリンク