犬にマイクロチップ入れてますか?デメリットは?登録費用は?

こんにちは、ラン (@kikispets)です。

犬にマイクロチップ、入れてますか?まだご自分の犬にマイクロチップを入れてない方でも一度は家族や犬友達とマイクロチップについてお話されたことがあるかと思います。

実際のところ、犬の体に中に異物を入れるわけですから、犬にとって痛いんじゃないか?と躊躇する飼い主さんも多いかと思いますし、費用、そして登録した後どうやってどこでマイクロチップを読み取るの?と心配される方もいらっしゃるかと思います。
また、日本の法律がマイクロチップ装着義務化に向かっているようですので、今日は、マイクロチップについて詳しくお話したいと思います。

スポンサーリンク

マイクロチップって何?

マイクロチップは、環境省によりますと、直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形の電子標識器具で、内部はIC、コンデンサ、電極コイルからなり、外側は生体適合ガラスで覆われているもので、だいたい米粒ほどの大きさです。

それぞれのマイクロチップには、世界で無二の15桁の番号が記録されており、この番号をマクロチップリーダーで読み取り、登録先に問い合わせることで犬の飼い主さんを見つけることが出来るというシステムです。

マイクロチップをよくGPSと勘違いされる方がいますが、決してそのような機能はなく、番号を照合することで初めて飼い主さんをみつけることが出来ます。


引用:環境省

マイクロチップを入れるメリットは?デメリットは?痛い?

マイクロチップを入れるメリットは、災害の多い日本では特に大きいかと思います。首輪にネームタグをつけていても、地震や洪水などの自然災害時はそれが取れてしまう可能性も大きいので、マイクロチップを入れていると、犬が飼い主とはぐれて行方不明になってしまった、迷子になってしまった時にその威力を発揮します。

私が住んでいるニュージーランドではマイクロチップの装着を義務付けていますので、ルーシーは子犬の時期、去勢手術と同時期くらいにマイクロチップを入れました。ルーシー現在4歳ですがデメリットと感じたことは何もありません。

マイクロチップを入れる時にきっと痛いに違いない。と思われるかもしれませんが、ルーシーはキャンと泣くでもなく、表情も変えることもなかったです。

マイクロチップは普通の注射器より二周りほど大きいインジェクターを使ってちょうど首根っこのちょっと下あたりの皮下に入れます。麻酔をすることもなくマイクロチップを入れるのにかかる時間は数秒ほどです。

私の目の前で獣医さんがルーシーにやってくれましたが、あまりにも一瞬過ぎてびっくりしました。そして、番号が書かれたマイクロチップ証明書を発行してくれ、その場でマイクロチップリーダーで番号を読み取って見せてくれ証明書の番号と合っているか確認しました。

マイクロチップの登録先はどこ?

犬のマイクロチップの登録は、通常AIPO(Animal IPromotion Oorganization=動物ID普及推進会議)というマイクロチップを普及推進する活動を行なっている組織で登録されます。

獣医さんでマイクロチップをした場合は、AIPOで登録されるのが普通ですが、例えばペットショップなどでは既にマイクロチップを入れて犬を販売している所もあり、もう1つの登録先FAM(Family Association of Management=ファミリーID管理機構)に登録されている場合もありますので、犬をペットショップで購入する場合はマイクロチップが既に入っているか?登録先はどこか?を確認しておきましょう。

どちらの登録先が良いか?というのは特にないかと思いますが、環境省のマイクロチップについてのサイトにはAIPOのことしか書いてありませんでした。

マイクロチップの登録の手順

マイクロチップの登録の手順は、都道府県によって若干の違いはありますが下記の通りです。

獣医さんで犬にマイクロチップを入れてもらう。
その際にマイクロチップ注入料を支払い、データー登録申込書と払込書を獣医さんからもらう。

郵便局でデーター登録事務手数料1000円を払ったらその領収書とデーター登録申込書に必要事項を記入しAIPOに送付する。

AIPOから領収書とデーター登録完了の通知が飼い主に送付される。

登録料の支払いもまとめて獣医さんでやってくれるところもあるようなので最寄のマイクロチップの装着をやっている獣医さんに問い合わせしてみて下さい。
ちなみに、私が住んでいるニュージーランドでは登録料もまとめてマイクロチップ注入料と一緒に獣医さんに払います。

マイクロチップの検索・読み取りは?

マイクロチップは、動物病院でマイクロチップ読取機で番号を読み取ってもらいAIPOまたはFAMに連絡して検索をかけることになります。流れとしては、例えば迷子犬を発見した場合を仮定してお話しますね。

迷子犬を発見した場合

迷子犬を発見した際などはまず首輪にIDがついてないか確認しましょう。
ついてない場合は、マイクロチップが入っている可能性もありますので、近くの獣医さんに行ってマイクロチップの番号を読み取ってもらい、獣医さんがAIPOに連絡をとってマイクロチップの15桁の番号を照合することではじめて飼い主さんの名前や連絡先が分かります。

自分の犬が迷子になった場合でも、マイクロチップを入れていることで発見の可能性が格段にあがるというわけです。

マイクロチップを入れる費用は?

マイクロチップを注入する料金は獣医さんによって若干変わってくるかもしれませんが、5250円ほどです。

AIPOへのデーター登録事務手数料は1000円です。

まとめ

マイクロチップを入れることでもし災害などで愛犬と離れてしまったとしても、愛犬が保護された場合飼い主さんに連絡が入り再会出来る可能性が格段にあがります。

ペットの地震対策に犬猫を飼ってらっしゃる方の為に災害に備えての便利なものなどもご紹介しています。

不安な点などは獣医さんに聞いてマイクロチップについてご家族で話し合ってみて下さいね☆

スポンサーリンク