11の英会話に役立つ雨に関する表現 土砂降り、霧雨、大雨を使い分けて話せる度アップ!【ネイティブ監修】

2018年6月1日


Photo by audi_insperation

「雨」に関する表現は、ザーザー降る・シトシト降る・ぱらぱら・霧雨、大雨、土砂降り等色々ですね。

こんにちは、ラン(@kikispets)です。
今日は、雨の降り始めから→軽い雨→雨→大雨→豪雨という感じで雨がひどくなる順番で雨に関する色々な表現、そして日常会話ですぐ使える例文などをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

雨が降り始めた時

1. Spit

まずは、雨がポツポツと降り出した時の表現です。Spitの発音は(スピット)。唾などを吐く、という意味ですが、雨の降り始めの時によく使われます。

雨がポツポツ降り出した。
It started spitting.

2. The heavens have opened

スポーツの試合などをライブでテレビで観ていて、雨が降り出した時によくアナウンサーが言うのを聞きます。

今ちょうど雨が降り出したよ。
The heavens have just opened.

雨がパラパラ降る

雨がパラパラ・ポツポツと降る、は降水量も少なく断続的に降っているニュアンスですね。

3.  Sprinkle

Sprinkleの発音は(スプリンクル)。軽く降る雨ですぐ止む、という感覚で捉えてます。

明日の朝は、雨が少しパラパラと降るだろう。
There will be a sprinkle of rain tomorrow morning.

4. Shower

Showerの発音は(シャワー)。Sprinkleより少し多めの降水量で、狭い範囲で降りすぐ止む、という感じです。

軽く雨が降るでしょう。
There will be light showers.

Photo by Damien Walmsley

雨がシトシト降る

雨がシトシト・シンシンと降る、は「霧雨」って感じでしょうか。継続的に降っているようなニュアンスです。

5. Drizzle

Drizzleの発音は(ドリィズル)。「霧雨・振りかける」という意味で、動詞意味の「振りかける」はよく料理番組などで耳にしますね。(例:Drizzle some lemon syrup all over the cake. レモンシロップをケーキ全体にかけましょう。という意味になりますが、ケーキが(霧雨で地面がしっとりするかのように)ケーキをしっとりさせる。というところからDrizzleが使われます。)

外は霧雨が降ってます。
It’s drizzling out side.

6. Rain

Rainの発音は(レイン)ですね。普通の降水量の雨です。

あー、ヤダ~!雨が降ってる!
Oh no! It’s raining!

雨がザーザー降る

ザーザーは、いわゆる「豪雨、土砂降り・大雨」という感じですね。

7. Heavy

Heavyの発音は(ヘビー)。「重い」という意味ですが、「大雨」という時に使えます。

今朝は大雨だった。
It rained heavily this morning.

8. Cats and dogs

これはよく聞くフレーズですね。昔イギリスでは犬や猫達は屋根の上で寝てることが多かったので、大雨が降り出すと猫や犬達が大慌てで逃げ出し、屋根からすべり落ちたりしたことからきているようです☆

大雨が降ってます。
It’s raining cats and dogs.

9. Pour

Pourの発音は(ポオー)。「激しく注ぐ・降る」という意味になりザーザーと降っている様子です。Heavy Rainと同じようなニュアンスですが、私的には少し音も大きく降水量も多いかな。という時に使います。

雨が激しく降ってきたよ。
It started to pour down.
昨晩は、すごい雨だったね。
It was pouring last night.

 

10. Bucketing down

Bucketing(バケティング)はBucket バケツからきていて、言葉の通り、誰かが水のたくさん入ったバケツを上からかけているかのように雨がたくさん一気に降っている土砂降りの様子を表現します。

外は凄い雨だよ。
It’s bucketing down outside.

11. Torrential

torrentialの発音は (トレンシャル)。「集中的に・急流の」という意味でdownpourやRainと合わせて表現されます。

どちらかというとPourにすごい勢いがついたニュアンスでしょうか。

Torrential Rain
集中豪雨
Torrential rain floods Auckland.
集中豪雨でオークランドが洪水状態に。

まとめ

人それぞれに雨の降る感じ方が違ったりしますので、ShowerとDrizzleが入れ違ったりするかもしれませんが、それ以外は大体こんなニュアンスだと思います!

雨が降り出したら、Oh No! It has started spitting!という感じで独り言でも良いので口に出してどんどんアウトプットしていきましょう!

英語の勉強 ボキャブラリーの増やし方・おすすめ勉強法

それでは、また~!

スポンサーリンク