WordPress 無料バックアッププラグイン おすすめは復元も簡単なUpdraftPlus! 保存先はGoogle Drive!

2018年4月9日

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

WordPressでブログやサイトを運営しているみなさんは、バックアップをどのようにされてますか?

Photo by GotCredit

私はまずBackWPupというプラグインを使ってみたのですが、なぜかエラーが発生。そして、イマイチ復元の仕方も面倒くさそう。。。

そこで、たどり着いたのが、復元も1クリックで簡単に出来ちゃう無料のUpdraftPlus です!使い始めて1ヶ月以上経ちましたが、ちゃんと定期的にバックアップしてくれてますし、今のところエラーも発生していません。

大満足なので、インストールの仕方をご紹介します!

スポンサーリンク

バックアッププラグイン 無料のUpdraftPlusのインストールの仕方

ステップバイステップでご紹介します!

まずは、UpdraftPlusのプラグインをインストールしたら有効化します。数十秒で有効化できます。

有効化したら、左側の「設定」にカーソルを持って行き、UpdraftPlus Backupsというところクリックします。

設定をクリックします。

ここで、バックアップをする頻度を設定していきます。私は、それぞれ1日ごと・過去ファイルは5つ保存としました。

次は、保存先を決めます。私はGoogle Driveを選びましたので、ここでは、Google Driveへ保存する方法を説明します。(Google Accountを持っていないと設定できませんので、無料ですのでもっていらっしゃらない方は先に登録しておきましょう。)

そうしますと、この様な↓画面が出てきます。英語で書かれていますが、慌てず赤枠で囲ったところをクリックしましょう。

ちなみに訳すと「あなたは保存先として、認証する必要がある、リモート保存先を選びました。グーグルドライブへアクセスを認証するためにこのリンク先をクリックしてください」という感じです。

Google Account へサインインします。

そうしますと、Googleから、「UpdraftPlusの接続を許可しますか?」という画面になりますので、「許可」をクリックします。

次は↓こんな画面が出てきますので、最後のComplete Setupをクリックします。

先ほどサインインしたGoogleアカウントのメールアドレスをチェックしてみましょう。Googleさんから「UpdraftPlusをお使いのGoogleアカウントに接続しました」というメールが来ているはずです。メールが届いていたら、無事に接続できた!ということで一安心です。

UpdraftPlusで、Google Driveに保存できているか確認してみましょう!

「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが始まります。

「バックアップの進行状態」の黄色いメーターを見ていただくと、この時↓は20%ほどしか進行していないように見えますが、それがバックアップにかかる残り時間とは限りませんので、「なかなか進まないなぁ」と思って「停止」をクリックしたりせず、待ってみてください。

私は、ちなみに5分以上かかりました。NZのネット環境の悪さが原因かもしれませんが。。。(^^;;

バックアップが完了しました。というメッセージが出たら、「バックアップ済み」のところを見てみましょう。

ちゃんとグーグルのマークがついてますね☆

そしたら、Google Driveにちゃんと保存されているかも見てみましょう。

ありました!
今後は設定したスケジュールに沿って保存されるはずです。

Updraft Plusはボタン1つで復元できる!

復元する際は、左側の「設定」にカーソルを持って行き、UpdraftPlus Backupsというところクリックし、UpdraftPlusのダッシュボードに入り、復元したいものを選んで「復元」をクリックするだけ!

という感じで、とっても使いやすいバックアッププラグインUpdraftPlusです!

スポンサーリンク