シルキーテリアの性格・特徴・価格

2016年6月12日

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

私の愛犬ルーシーは、マルチーズとシルキーテリアのミックス犬です。私達が以前飼っていた犬カイリー(Kylie・・・オーストラリア人シンガーのKylie Minogueカイリー・ミノーグから頂きました。)は保護犬であった為、カイリーの背景はあまり詳しく分からなかったのですが、犬種はシルキーテリアと何かのミックスだろう。ということでした。

これ↓がカイリーです。

このカイリーが本当に良い子だったのでカイリーが逝ってしまった後「いつかまた犬を飼う時が来たら、シルキーテリアのミックス犬を飼おう。」と旦那と二人で決めていました。

こういう ルーシーとのなれそめ があって、晴れてルーシーがウチの子になった訳ですが、ルーシーはマルチーズとシルキーテリアのミックス犬です。一体ルーシーがどちらの性格や特徴を引き継いでいるのか気になりましたので、今回はそれぞれの犬種の性格・身体的特徴などについてまとめてみました!では、まずはシルキーテリアから~。

スポンサーリンク

シルキーテリア

シルキーテリアの正式名称は、オーストラリアンシルキーテリアと言い、シドニーテリア・シドニーシルキーと呼ばれることもあります。

photo by Australian Silky Terrier Of Silky’s Dream

シルキーテリアの歴史

シルキーテリアは、1800年代にヨークシャテリアとオーストラリアンテリアを交配させて作られました。

オーストラリアンテリアとシルキーテリアは長い間同じ犬種として扱われてきたが、現在ではこの2種類の犬種は全く別の種類として認識されています。

第二次世界大戦中、アメリカの兵士達がシルキーテリアを母国に持ってかえったことによりアメリカでこの犬種は広まり、1959年にアメリカンケネルクラブにより犬種としてはじめて認められました。

シルキーテリアは、長い間愛玩犬として愛され、また、ねずみなどのハンターとしても能力を発揮するのでねずみ駆除としても大活躍したそうです。

 シルキーテリアの身体的特徴

  • 身体の高さ(床から背中まで)は23センチから26センチ。ボディ(首から尻尾の付け根の長さ)は長め
  • 身体のつくりは華奢で体重は4キロ~5キロ、短めの足
  • くさび型の頭は両耳の間は、少し長めで平ら。頭蓋骨はマズルより少し長めで鼻は黒色
  • 眼の周りと眼球は黒く、眼の形はアーモンドシェイプで小さい
  • V字型で頭の上に高々と立っている耳は小さい
  • 前足はまっすぐで小さく猫のような足

 シルキーテリアの毛質

絹(シルキー)のような肌触りの大変美しい披毛であり、カットしなければ12~15センチまで伸び、毛色はゴールデン・黒・茶色が混じる。生まれた時は体全体の毛がほとんど黒い。毛は細く絡まりやすいので、こまめなブラッシングが必要。毛は抜けません。

photo by Australian Silky Terrier Of Silky’s Dream

シルキーテリアの性格

性格は機敏で勇敢でとても賢い。人懐こく、明るく社交的で飼い主に従順で忠誠心があります。

とても活発で、運動能力に長けています。毎日のエクササイズは欠かせません。好奇心旺盛で、穴掘りが大好き。小型犬でありながら素直で従順で学ぶことが大好きなので、しつけはし易く番犬としても活躍するかもしれません。

犬以外の小動物、ギニーピッグ・ハムスター・ウサギそして、猫などを追いかける傾向があります。また、人間の子供が大好きなので、子犬時代のしつけやきちんとした社会化は絶対に必要です。

 シルキーテリアの寿命・気をつけたい病気

基本とても丈夫。まれに椎間板ヘルニア、肘形成異常、膝蓋骨脱臼、糖尿病、気管虚脱、てんかんを発症。

寿命は12年から15年。

 シルキーテリアを飼うのに必要な環境

シルキーテリアはマンションなどの室内飼いに適しており、室内での適度なエクササイズと毎日の散歩があれば大きな庭などは必要としない。

 シルキーテリアの価格

現在、日本でシルキーテリアを手に入れるには、ブリーダーから入手することになるようです。

オーストラリアから輸入した場合、費用などを含めると50万円前後だそうです。

 シルキーテリアとヨークシャテリアの違い

ヨークシャテリアの身体的特徴は体高は15~17.5センチ、体重は3キロで、シルキーテリアより小さく、骨も細め。虫歯になりやすく、麻酔下に弱く、消化器官が弱い。私自身、ヨークシャテリアとシルキーテリアの両方を抱いたことがありますが、ヨークシャテリアの方が断然小さく華奢です。

しかし、性格は人懐っこく、元気で社交的だという部分はとても似ていると思います。ちなみに、現在のヨークシャテリアの価格は15万円~20万円前後です。

 まとめ

シルキーテリアは、オーストラリアンテリアとヨークシャテリアのミックス。

サイズとしては小型犬から中型犬の中間・体重約5キロ。とても頑丈で元気一杯、好奇心旺盛で学ぶことが大好きなのでしつけがしやすく、番犬としても活躍。

子供も好きでファミリーペットとして最適だが、自己主張が強いのでしつけをきちんとすることがとても重要。

ちなみに、ルーシーは上の↑シルキーテリアの性格や身体的特徴は、耳の形を除いてすべてに当てはまってます。(^^;ということは、ルーシーはシルキーテリアの要素の方が大きいのかな?

次回はマルチーズについてまとめてみたいと思います。

それでは、またー。

スポンサーリンク