ルーシーとのなれそめ

2016年3月17日

ルーシーとのなれそめは「ひとめぼれ」でした。

ニュージーランドにはTradeMeという日本で言うヤフオクのようなネットオークションサイトがあるのですが、そこではなんと!犬猫ウサギなどなどの動物も扱っています。ブリーダーはもちろん、とある事情で飼えなくなり里親を募集してる方々が沢山のワンちゃんやニャンコをそのサイトにのせています。

そこのワンちゃんコーナーを巡回するのが私の朝の日課でした。ずーっと長い間犬を飼いたくて飼いたくて仕方がなかったのですが、家の事情や家族の事情(介護)など、なかなか良いタイミングが今まではありませんでした。

それでも、いつか犬を飼うなら犬種は私の旦那が以前飼っていたシルキーテリア(シドニーシルキーとも言います。)がいいなーと思ってはいたのですが、特にいますぐ飼いたいという気持ちもないまま朝のワンコチェック。(笑) なかなかシルキーテリアの犬種はみつかりませんでした。今ニュージーランドではビションフリーゼやシュナウザー、そして大型犬が圧倒的に人気があります。やはり土地が広大で人口500万人のニュージーランドでは大型犬は本当に良く見かけます。

さて、私の毎日は「犬が欲しいなー。」とただサイトを見るだけで癒されていたのですが、ある日シルキーテリアとマルチーズのミックス犬のルーシーを見つけた時は、あまりの可愛さにドキッとしてまさしく「ひとめぼれ」でした。

旦那が起きてくるまで、うずうず、ドキドキ。旦那が起きてきてから真っ先に「ねえ。この子どう思う?」って聞いたら旦那も即「かわいいっーーーー!!!この子を飼おう!」と。

運命的な出会いの時って迷いがないのです!

この子は里親募集ということで、まずは電話して里親に出される事情を聞こうということで電話してみました。こういうサイトで気をつけなければいけないのが、時々盗んだ犬を売ってる人が残念ながらいるということです。そういう人から犬を買わないためには、良く事情を聞くのです。質問攻めです。

サイトに載っていた番号に電話して里親募集の事情を聞いたところ、このおウチには大型犬が既にいるのですが、どうやらその大型犬が子犬を全く受け入れなく子犬に危険が及ぶのを恐れたとのこと。その他にも色々質問しとりあえず納得したので、会わせてもらうことに。

そして、早速翌日に会いに行く事になりました。

写真でひとめぼれし、会いに行ったわけですが、会ったらFall In Loveでした。

とても人懐っこく、元気一杯です。すぐ「この子頂きます!」と即決でした。

オーナーの女性は別れる時心配そうな顔で涙してましたが、私はきっぱりと「この子絶対に幸せにします。」と言ってお別れしてきました。今は疎遠になってしまいましたが、2ヶ月ほどは彼女と電話で話したりしてルーシーが幸せにやっているということを報告してました。彼女もホッとしたようでした。そして彼女の大型犬もハッピーになったということで良かったです。そして、後で彼女から聞いた話では私の後に何件もこの子の問い合わせがあったらしく、本当に即会いに行って良かったです!

ウチに来る車の中では不安からかずーーっと「くぃーんくぃーん。」言ってましたが、やっと我が家に到着。そこから、ルーシーと私達のハッピーライフの始まりです!

スポンサーリンク