熊本地震 犬の一時預かり

2016年4月19日

更に追記:

同行避難は必ずしも避難所で飼い主とペットが一緒に過ごせるということではない。

「同行避難」とは飼い主とペットは一緒に避難するが、ペットはペットだけの避難所内の敷地で飼育。ということらしいです。私自身も「同行避難」は避難所で飼い主と同じスペースで過ごせるものだと思い込んでおりました。殆どの人がそう思われると思います。環境省ももう少し分かりやすく書いて欲しいものです。

詳しくまとめたつもりですのでぜひこちらの記事をお読み下さい。


追記:4月23日に NGO Life Investigation Agency さんのサイトをチェックさせて頂いたところ、ペットと同行避難が熊本市内の全ての避難所で認められたそうです!!詳しくは下記のサイトでご確認下さい。

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1854281.html

今日も熊本地震に関する記事をかかせていただきます。熊本からこんなに離れている海外に住んでいる私が出来ることは何か?避難されている方々にとって少しでも役に立つ情報を書くことかなと思ってます。

スポンサーリンク

熊本 ペット一時預かり可能な場所

犬との避難で一時預かりをしてくれるところを幾つかネットで見つけましたので、ここにリストアップしていきます。

その前に、「犬と一緒に避難所に行っていいのだろうか??」という疑問がつのるかと思いますが、ペットとの同行避難は環境省も推奨してます。堂々とペットと同行避難してください。まず、避難所の統括者に確認でペットOKと言われたら避難所内で近くになる方に「動物アレルギーはありませんか?」などと声をかけてコミュニケーションを図ったりすることでスムーズに行くこともあるかもしれません。

竜之介動物病院

1週間のペットフードと水は確保してあります、自家発電装置も装備しておりますので外傷で出血が止まらないなど、救急手術やペットホテルにも対応しますから、なにかあればご連絡ください。
熊本市内にペット同伴可の避難所がない! 皆さん小中学校の校庭で車の中で過ごしてます。竜之介ビルにはまだペット同伴の避難スペースがありますよ(^_^) 妊婦の方も数名避難して落ち着ける環境だと思います 水とペットフードは十分ありますので手ぶらでも大丈夫だよ

熊本市中央区本荘6-16-34

http://www.ryunosuke.co.jp/

TEL 096-363-0033

 サクラパーク

サクラパークは、ワンちゃんのためのドッグランとゲストハウスの利用が可能です。愛犬と一緒に予防接種注射、ワクチンなどを受けているワンちゃんに限らせて頂きますが、愛犬と一緒に安心して過ごして頂ければと思います。ゲストハウスの利用は、1…

Posted by サクラパーク on Sunday, April 17, 2016

サクラパークでの熊本地震の影響で避難されている方々の受け入れ体制が明日月曜日から整いそうです。昨夜から朝の暴風で店にも影響がありました。通常通り営業は出来ておりますが、少し片付けをしますので、明日月曜日より受け入れさせて頂きます。
サクラパークには、ドッグランも御座います。
愛犬と一緒に避難されている方々も多くいらっしゃると思います。
予防接種注射、ワクチンなどを受けているワンちゃんに限らせて頂きますが、愛犬と一緒に安心して過ごして頂ければと思います。
また、予防接種注射、ワクチンを半額で受けれる病院をご紹介する事も出来ますのでお問い合わせ下さい。
※(今回、ワンちゃんと避難される方に限ります。)
住所 糸島市二丈鹿家2465-1
電話 092-326-8007
店の電話に出ない場合は、
携帯 090-5739-3144までお願いします。
留守電になりますので、必ずメッセージをお願い致します。

動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本

https://www.facebook.com/pages/動物愛護団体-ドッグレスキュー熊本/309331825760348

地震の影響による家の崩壊等で、一時的に飼育出来なくなってしまった動物達を保護されているそうです。フェイスブックで保護した動物を随時アップされてます。

96-233-9119

NGO Life Investigation Agency

熊本県内で「どうぶつと同行避難」できる避難所を一覧にされています。確認され次第随時追加されるそうです。拡散を希望されてますので。ここでも載せさせていただきます。

http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1854281.html

LIAでは、皆様のお気持ちを、毎日、関係各所にお電話にて届けさせていただいてきた結果、本日「4月23日 14時12分」に「熊本市役所 情報調整室」のご担当者様からご連絡を頂き、「熊本市内の全ての避難所で、どうぶつとの同行避難が認められました」ので、ご連絡させていただきます! 。

●川上小学校 避難所
〒861-5516 熊本県熊本市北区西梶尾町480  電話 096-245-0018

●湖東中学校 避難所
〒862-0909 熊本県熊本市東区湖東1丁目13−1 電話 096-368-2118

●熊本市西区役所 避難所
〒861-5292西区小島2丁目7番1号 電話 096-329-1111

●五福小学校 避難所
〒860-0041 熊本県熊本市中央区細工町2丁目25 電話 096-356-0739

●熊本かがやきの森支援学校 避難所
〒860-0046 熊本県熊本市西区横手5丁目16番28号 電話096-319-2000

●春日小学校 避難所
〒860-0047 熊本県熊本市西区春日5丁目3−5 電話 096-352-1922

●ハーモニーホール 避難所
〒866-0854 熊本県八代市新町5−20 電話0965-53-0033

その他 ※事前に空きがあるか電話確認が必要

ペットと車中寝泊りの際の危険!エコノミークラス症候群を防ぐ

最後に一つ気になったのが「14人がエコノミークラス症候群 3人が重態」という記事。車で寝泊りをされている為、血のめぐりが悪くなり血栓ができ、この血栓がはがれて肺血管に流れて、血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言うそうです。死に繋がるとてもコワイ症状です。私はリンパ浮腫を患ってますので、普段からエコノミークラス症候群にならないように気を付けてます。私は医療関係者ではありませんが、エコノミークラス症候群を予防する方法をここで少しご紹介したいと思います。

  • 水分を寝る前にたっぷりと補給する。(避難中はこれもままならないかもしれませんが。。。)
  • 足首をぐるぐる回したり、前後ろと動かす
  • つま先立ちで上げ下ろし
  • 歩く
  • 足をマッサージ。この場合、つま先から足首、足首から膝裏、膝裏から足の付け根とう風に血流を促す感じで軽く手でマッサージしてください。
  • 寝る前はゆったりとした服装で

推測するのみですが、地震が怖く家屋に戻れない。また、ペット同行で避難したが、避難所で断わられた。などが理由で車中でペットと寝泊りされていたのかもしれません。 とにかく、足をこまめに動かすことです。精神的にも辛い状況でなかなか身体を動かすのがおっくうになってしまうかもしれませんが、ぜひ、家族や友人にも声をかけみなさんでやってみて下さい。

スポンサーリンク