犬を飼うのに必要なグッズ10!

2016年3月20日

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

犬をお迎えする準備としてまず必要なものが犬用品。私達も色々とお迎え前に勉強しましたが、次々と子犬パワーに破壊されました。(^^;; なので、、、私の失敗談がお役に立てば何よりです。

スポンサーリンク

犬を飼う前に必要なもの

ここでは、犬を飼い始めた段階で最低限必要なものをご紹介したいと思います。実際にルーシーに使ってみて良かったもの、また、日本の愛犬家の友人に聞いてみておすすめだったものを今日はご紹介したいと思います。

1.サークルや赤ちゃん用などのゲート

犬は自分のスペースを好みますので、サークルを置くことで犬がリラックスできる安心できるスペースが出来ます。

最初は入らないかもしれませんので決して無理に入れずに、徐々に時間をかけておやつで誘導したりして、少しでも入ったら褒めてあげるというやり方で慣らしていって下さい。

ルーシーのトイレトレーニング・ちゃんと指定の場所でトイレが完璧に出来るようになるのに生後から6ヶ月かかりました。

詳しくは、こちら→犬のトイレのしつけを甘くみていた!

子犬はおしっこの我慢が出来ないらしくカーペットの上で遊んでいたかと思えば次の瞬間ジャー。。。。
また、ダイニングエリアはカーペットがないので自由に遊ばせていたら、なんとダイニングチェアに噛み付いてました。。。

なので、カーペットエリア・ダイニングエリアをブロックするのにゲートは本当に役立ちました。
(悲惨な経験に基づいて、犬に家具を咬まれないようにするためのアイディアをこちらに書きました。)
サークルにもなってゲートにもなって仕切りにもなる移動可能なタイプのゲートを私達は購入しました。ルーシーが大きくなった今でも人間達がちょっと室内で日曜大工や裁縫などをやる時にそのエリアに犬が入らないようにするのにとても役立ってます。間違ってピンや小さい釘などを飲み込んだら大変ですからね。

2.スリング

はじめて獣医さんに連れて行く時やワクチン前にお外にお散歩に行く時に使います。

ワクチン前にお外にお散歩?!と思われるかもしれませんが、抱っこをしてのお散歩なら大丈夫。犬の社会化、犬の社交性を培うためにもスリングを使用してお散歩に行きましょう。

犬の社会化については子犬の社会化で詳しくお話しさせて頂いてます。

3.トイレシート

吸収力があって臭いもゲットしてくれるのがベストです。最近では炭の成分が入った消臭効果抜群のものやアロマ成分が入ったものも出てきています。

子犬の時は沢山のシートを使います。子犬は一日小8回~10回、大2~3回します。そして、犬は汚いトイレを嫌いますので汚くなったら即交換、又はおうちを留守にさせる方は何枚も引いておくことになるので、子犬のうちは業務用を購入されると少しお得かもしれません。

購入のポイントは値段より吸収力です。安くても吸収力が悪くては悲惨なことになりますので(^^;

置く場所は、子犬のうちはサークル内に置きます。詳しくは犬のトイレのしつけを甘くみていた!のところで。

4.ボウル

ご飯用とお水用の2つを用意して下さい。ステンレスか陶器が良いと思います。
お水は常に犬が飲める状態にしなければいけませんので、留守がちなおウチは大きめの水用ボールを用意してあげてください。ご飯は出しっぱなしということは決してしてはいけませんので、ご飯用のボールのサイズは犬のサイズに合わせて大丈夫です。食後、毎回綺麗に洗ってあげて下さいね。

犬の食に対する欲求はすごいもので、健康なワンちゃんだったら食べ終わってもしばらくボールを舐めまくること間違いなしっ。ルーシーもいつもお皿がぴっかぴかになるまで舐めてます。犬の唾液は乾いた後もとてもヌルヌルしてますので、ボールを洗う時はメラミンスポンジが便利ですよ。

5.リード

最初はコントロールしやすい短めタイプと広いところで使える長さを調節出来るリールタイプの2つがあると便利です。

主従関係を築くためにヒールウォーク(小型犬は散歩は不要?で説明してます。)をマスターしなければいけませんが、その為にはリードを短めに持ち時々軽く引いたりしますので、太めのナイロンリードが扱いやすいかと思います。

そして長めのリードやリールタイプのものはオフリードOK公園などにデビューする時に便利です。長いのですと7メートル、15メートルなどありますのでまだ「来い」がマスター出来ているかどうか、イマイチ自信がない段階で使ってみてください。

私もオフリードOK公園でなかなかルーシーをオフリードにする勇気がなかった時は、ルーシーが私から数メートル離れただけでドキドキしたものです。リールタイプのリードは、犬が「来い」をマスター出来てるか不確かな時や「来い」のコマンドの練習をしたい時にも便利ですが、私にとっては飼い主がオフリードに慣れるという意味でもとても便利でした。

6.首輪または胴輪

自分の犬の性格・犬種に合ったものを選びましょう。
ルーシーは最初首輪をしてましたが、散歩の時に興奮して引っ張りその結果、呼吸器官を締め付けてしまうということがあったので、(自分でぐんぐん引っ張り過ぎて、ゲーゲーして咳き込んでしまったことがあります。)胴輪にしました。

引っ張り癖のない犬の場合は首輪の方がコントロールしやすいので服従ヒールウォークなどを教えやすいです。ただ、呼吸器官が弱い小型犬種は胴輪がベストだと思います。

ポンポリースの胴輪はルーシーも使ってますが、首に負担がなく良い感じに身体にフィットしてます。

とてもしっかりした作りです。(追記:2018年現在↑ 3年使ってますが、まだどこも壊れることなく使っています。)
また、リードのナスカンのセーフティロック機能がついていて、リードが何かの拍子ではずれてしまう心配がないので安心です。

7.オモチャ

犬が誤って飲み込んでしまったりしないもの、ソフトなものがベストです。(誤飲についてはこちらをどうぞ。)

ロープなども犬が顎を鍛えるのに飼い主と一緒に引っ張りっこをするのには良いですが、ほつれてきて飲み込む可能性もありますので、必ず監視下で遊ばせてあげてください。知的好奇心を育てるためにもぜひ幾つかタイプの違ったオモチャを購入しましょう。

ルーシーのはじめてのオモチャは見かけはちょっと熊っぽい犬のソフトなオモチャです。

ルーシーはぬいぐるみの中に笛が入っていてキュッキュッとなるのが大好きです。

↓こういうシンプルなものが良かったりします。

犬の嚙むオモチャ

また、仔犬の時期は歯の生え変わりで歯がムズムズするらしく、それが原因で家具などを咬んだりしますので、嚙むオモチャを早いうちに購入されるのがおすすめです

ルーシーも仔犬時代は「破壊王」でした。(^^;;ルーシーの為に何か安全な嚙むオモチャはないかと色々と探してたどり着いたのが、「Chew for more trees」です。

「Chew for more trees」に決めた理由!

  • 国産の無農薬・無塗装・自然乾燥させた木を使っている!
  • 梨の木、桜の木の2種類があり、どちらとも木屑が細かく、とげとげにならないので飲み込んでも安心!
  • 飛騨の職人が1つずつ手作りしてる!

こういった木のオモチャをあげる場合、木が口の中で刺さったりしないか?という点が一番心配でしたが、木屑が細かい!飲み込んでも安心!という事で購入決定に至りました。

ルーシーは硬めの木が好きなので、梨の木のSサイズを選びました。サイズは3種類あり選ぶのにちょっと迷ったのですが、1歳ちょっとで購入したのですが、当時体重5キロで、(ちなみにマルチーズミックス犬)Sサイズのでちょうど良かったです。

はるばる日本から届き、早速あげてみたところ、、、、すごい食いつきでした!!!!いい感じに前足2本で上手に木の棒を固定してガジガジし、何時間も夢中になってくれたお陰か、家具のダメージが減りました。
また、大人になるにつれ、しつけもついてきたせいか、嚙むという行為をあまりしなくなりましたが、先日、引き出しからこのオモチャが出てきたので、あげたらしばらく嬉しそうにガジガジしてましたよ。 お値段が少し高いかなと思いましたが、一人遊びにも適してて、案外長持ちしてますし、買って大成功な買い物でした!

8.ベッド

丸ごと洗える布製のものがベストです。そして、犬が成犬になっても使えるようにサイズ選びはちょっと大きめくらいが良いかもしれませんね。
無知な私は籐のバスケットを用意し、数時間後にはバリバリに破壊されました。犬の口の中で刺さってしまう可能性もあったと思うとゾッとします。

9.ドッグフード

色々なメーカーがあり迷うと思いますが、無添加なもで、仔犬の分量をパッケージでちゃんと確認して自分の仔犬の体重に合った分量をあげましょう。

私は現在ルーシーにニュージーランド産のZiwiPeakの缶詰とドライタイプをルーシーの排便の調子をみながら交互にあげています。

(追記:2018年現在は、アトピー性皮膚炎の改善の為、生肉とZiwiPeakの缶詰を排便の調子をみながらあげています。Ziwiのドライフードは、エアドライ法で乾燥させており、98%が肉・内臓・ムール貝で体にもとてもいいものなので、オヤツとしてルーシーにあげています。)

ルーシー、これが大好きで食いつきは最高にいいです!以前は、ドライフードをあげていたのですが、アレルギーも発症しましたので、穀物が入っていないものにしました。

このZiwiPeak、ラム、ラム&ベニソン、ベニソン、ベニソン&魚(2018年現在はベニソン&魚は販売されていません)など何種類かありますが、もし、ご自分のワンちゃんがアレルギー体質でしたら、なるべく野生に近いベニソン(鹿肉)が良いかもしれません。

アレルギー体質を薬に頼らずコントロールする方法についてはこちら↓をどうぞ。
犬のアトピー性皮膚炎 薬に頼らない管理方法

そして大きくなるにつれてあげる量などの調整も忘れずに。通常パッケージの裏面に記載されてます。

10.グルーミング用品

ブラシ

小さいころからブラシに慣らしておくと後で楽です。また、長毛などはすぐ絡みますので毎日ブラッシングしてあげて下さい。ルーシーは毛が細く長いので毎日ブラッシングです。

歯ブラシ

これも小さいころから慣らしておくと後で楽です。乳歯は全て抜けますので子犬の段階ではあくまでも慣らすということが目的です。

大人の歯に生え変わってからは少なくとも3日置きに磨かないと歯石がたまります。獣医さんに歯石取りをしてもらうには麻酔下になりますので、もちろんワンちゃんの身体の負担になります。(詳しくはこちらをどうぞ)

こちらのビバテックは実際ルーシーに使っています。レビューをこちらに書きました♪

爪切り

1ヶ月に1回位で少しだけ切って下さい。白い爪の場合は血管がみえますので切らないように注意できますが、ルーシーのように黒い爪の場合は少しだけ切るがポイントです。一度切りすぎてしまい、流血しました。。。(^^;;  毎月すれば黒爪は少しだけ1mmくらいで十分です。

爪切りには普通の爪切りとギロチンタイプの2種類がありますが、ギロチンタイプの方がサクッと切れ犬に振動が伝わりにくいです。ただ、普通の爪切りの良い点はセイフティーガードがあるので間違ってざっくり多めに切ってしまうことを防げます。

シャンプー

弱酸性の犬用がベストかなと思います。人間用は犬の肌には強すぎますので使わないで下さいね。

私はルーシーのアトピー性皮膚炎が分かってから、ニンニク風呂をしています。ご興味のある方はこちらをどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?取り合えず、私の経験に基づいて、犬を飼いはじめた段階で一番最初に必要だろうなと思われるものを10個に絞ってみました☆

スポンサーリンク