犬の無駄吠えは分離不安だった!

2016年4月16日

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

犬を飼い始めてしばらく経つと、犬の色々な問題にぶち当たる中で何度となく「これは分離不安かしら??」と思ったりしたことが多々あると思います。

スポンサーリンク

犬の分離不安とは

分離不安とは、飼い主が犬を家に残して外出したり、犬を部屋において別のところに行ったりした際に犬がストレスを感じることを言います。

ここで分離不安の症状を整理しておこうと思います。

  • 多大な量のよだれ
  • 無駄吠え
  • クィーンクィーンと長い時間鳴く
  • 不適切な排泄
  • トイレシートやティッシュなどをビリビリにする
  • ドアをガリガリする
  • クッションやカウチなどを破壊する

そしてこれが悪化すると壁などの動かすことが出来ないものを破壊するようになります。

犬の分離不安の原因

それでは、なぜ犬の分離不安は起こるのでしょうか?実は飼い主である私達が知らず知らずのうちに原因であることが多々あります。

過剰な挨拶が原因?

朝、仕事に行く前に「いい子にしてるんだよー。」仕事から帰ってきたら「あーん、会いたかったよー。」とかつい言っちゃいますよね?私もそうでした。しかし、実はこういう儀式?をすることによって、飼い主が留守であるというただでさえ犬にとってはストレスな状況下で、私達は犬に不安を煽っているのです。

犬たちにとって飼い主とはどういうものでしょうか?子犬の時から社会化させるためにも色々な所へいつも一緒に連れて行きます。しかし、ある日(犬にとっては)突然人間が犬を家において外出するという状況に必然的になります。そうすると、犬も混乱するのです。

「なぜ??いつでもどこへでも一緒でしょ?」って。これは、必然的に起こることであり、避けられません。ですから、少しでも犬のいわゆる初めてのお留守番のストレスを軽減できるように、過剰な挨拶はせず何事もないように平然として出かけましょう。

なんだかちょっと寂しいような気がするかもしれませんが、これも愛犬のストレス軽減の為です。もし、ワンちゃんと挨拶したい場合は出かけるだいぶ前にすると良いかもしれませんね。

毎日のルーティンの変化が引き金に?

突然分離不安の症状が出た場合、飼い主が引越しをしたり、飼い主の仕事が変わって家を出る時間帯が変わった。などが引き金になっていることもあるのかもしれません。

ただ、なかなか判別が難しいのですが、分離不安の症状でもある、そわそわしたり無駄吠えなど精神的に不安定な様子は、ただ単純に退屈であったり運動不足であったりということも多々あります。

犬の分離不安を防ぐには

運動・散歩

まず、シンプルに十分な散歩や運動です。疲れている犬は必然的に休憩したりお昼寝したりします。よってその結果として破壊行動なんてしてる時間はない。とにかく寝ていたい。休んでいたい。ということになります。

鳴いても無視

これは子犬時代からはじめてください。

私達が食事をする時はルーシーを別の部屋おいておきドアを閉めました。これはルーシーが我が家に来た初日からしました。当然、くぃーんくぃーんと鳴きましたがひたすら無視です。これが3日間続きましたが、4日目からピタッと鳴かなくなったのです。

ここでのポイントは2つ。1つは犬自身が鳴いても無駄だ。ということを学んだのでしょう。そして、もう1つは、鳴いてもし私達がいちいち「鳴かないでねー。」とか言って話しかけてたら犬はどう思ったでしょう?きっと、鳴くと飼い主が来てくれる。私に注意を向けてくれる。と勘違いしたでしょう。こういう事を一切しなかったのが良かったのだと思います。

小さいことから始めよう

いきなり犬に長時間のはじめてのお留守番させてはいけません。

まずは、3分部屋を離れる。5分、10分そして短い時間のお留守番という風に徐々に一人でいる時間を延ばしていってみてください。

お留守番の様子を撮影

時々一人でいる時の様子を撮影してみてください。Ipadのビデオ機能だと1時間撮影可能でした。ちなみにルーシーは私達が出かける様子を耳を立ててうかがってましたが、ドアを閉めた後は自分のベッドに戻って寝てました。短い時間のお留守番を経験させ、撮影した動画をチェックして「おっ!成功!」とガッツポーズをとったら後は飼い主である私達が自信をもって行動しましょう。

出かける前に何事もなかったかのように、自然に過剰な儀式はせずに外出しましょう。

自信たっぷりの飼い主のポジティブエネルギーをきっと犬たちも感じとり、安心した気分でお留守番が出来ると思いますよ。

スポンサーリンク