犬のアトピー性皮膚炎について

2016年7月7日

こんにちは、ラン(@kikispets)です。

7月に入りましたが、6月、7月は私の愛犬ルーシーにとってはせっかくのお誕生日月なのにアトピーが悪化する季節なのです。今年は去年とは違う新しいアトピー性皮膚炎の管理方法を試し、薬に頼らず満足のいく状態にまで持っていくことが出来ましたので、それらも含めアトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎の原因・治療は?について素人でも分かりやすいように私なりにまとめてみましたのでご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アトピーとは?アトピー性皮膚炎とは?

まずは、アトピーとは何か?ということですが、アトピーの語源は、ギリシャ語の「atopos(アトポス)」が由来しており、「奇妙な・未知な・とらえどころがない」という意味を持つそうです。

まさしくその名の通り、アトピー性皮膚炎は複雑に様々な要因が絡まって発症する病気です。

犬のアトピー性皮膚炎の症状

発症は0歳から3歳の間にすることが多く、炎症・痒みを伴い耳・足・口の周り・目の周りなどをしきりに嚙んだり引っ掻いたりするようになります。(ルーシーも1歳未満で発症)

アトピー性皮膚炎の犬は免疫力と皮膚のバリア機能が低下しているので、アレルゲンが進入し炎症を起こし、その場所を犬が嚙んだり引っ掻いたりすることで結膜炎・外耳炎・指間炎・膿皮症などの2次的合併症を起こします。

(2次的合併症を防ぐ為に目や耳を引っかかないようにエリザベスカラーをルーシーに着用。ルーシー2歳。)

犬のアレルギーとアトピーの違いは?

アトピーとは犬の代表的なアレルギー疾患の一つで、私の理解では、アレルギーは原因がはっきりと判別出来る場合に使われ、原因不明の症状が出た時にアトピーと使われるのだと思います。

犬のアレルギー

アレルギーとは、人間にしろ動物にしろ免疫システムが過剰に反応しているということが原因です。この免疫システムは本来ならばウィルスや細菌・病原菌などから私達やワンちゃんの体を守るようにデザインされているわけですが、何か(遺伝的要素など)が原因でこの免疫システムが本来は無害なもの(花粉・食べ物・動物の毛など)に対して過剰に反応してしまった時にアレルギー反応が起こるわけです。

ですから、アレルギーの場合、そのアレルギーの原因物質を除去することでアレルギー反応を避けることが出来ます。例えば、コーンや穀物にアレルギーがある場合は、それらを食べなければ良いわけです。

犬のアトピー

アトピーと診断される場合は、血液中のIGE抗体の値が高く、アトピーと診断されたワンちゃに必ずしもアレルギーの症状が出るとは限りませんが、遺伝的に花粉症・アトピー性皮膚炎・湿疹・特定な食物アレルギーを発症する傾向にあります。

食べ物のアレルギーがないか判断するため除去食法

例えば、ルーシーもまず最初に食べ物のアレルギーを考え、除去食という方法をしました。除去食とは、一番アレルギー要因が少なさそうな新奇タンパク(鹿肉・カンガルー肉・馬肉などルーシーには鹿肉をあげました)とお水以外は絶対に与えないという方法でこれを2ヶ月間続けました。結果は、以前ほどはマシになりましたが依然として時々体を引っ掻いてました。

(ビデオをキャプチャしたもの↓なのでボケててすみません。とりあえず、引っ掻いてる写真です。ルーシー3ヶ月頃。)

除去食を始める前は、私は犬ご飯を手作りしていて鳥肉・牛肉・豚肉・魚・ニンジン・ブロッコリー等々なんでもあげていて、その頃のルーシーは眼が腫れあがりしきりにかきむしっていました。

芝生などがあるところに行くとひどいような気もしましたが、家の中でもひどい時はひどいです。

(↓眼が腫れあがり、しきりにかきむしっていた頃。可哀想に。。。痛々しい。1歳頃)

ただ、除去食をしても痒みが完全に治らない(以前よりはマシだが)、ということは、ルーシーは食べ物のアレルギーもあるが、他の要因もあり、原因がはっきり判別できない為アトピーだという診断が下ったわけです。(芝生?花粉?ハウスダスト?)
悪化はしてないので鹿肉に対してアレルギーがないのは確実です。また、ノミの駆除はちゃんとしてるので、ノミが原因という可能性はないです。

大事なポイントは、食べ物のアレルギー、そして、ノミや細菌などが原因でないかどうかを完全に見極めることが必要です。これらが原因の皮膚炎は基本的にきちんとした治療を受ければ治るからです。決して自分でアトピー性皮膚炎だと決めずに、獣医さんにきちんと診断して頂きましょう。

犬のアトピー性皮膚炎の原因は?

犬のアトピー性皮膚炎は、上記に述べたように複雑に様々な要因が絡まって発症する病気です。私も理解するには時間がかかり色々と勉強していたところ、とても分かりやすく説明してくれている獣医さんのサイトがありましたので、それを引用させて頂きます。

アトピー性皮膚は、様々な要因が絡み合って初めて発症します。

  • アレルギーの原因物質(アレルゲン)が存在
  • 皮膚のバリア機能(防御力)の低下 → アレルゲンが侵入
  • 侵入したアレルゲンに体が異常な反応を示す(アレルギー体質)

どれが欠けても、つまりどれかが防げれば、アトピー性皮膚炎は発症しません。ただ、どれも解決することが困難なため、治療も難しいというわけです。

引用:本郷どうぶつ病院

獣医さんの「どれかが防げればアトピー性皮膚炎は発症しない。」という言葉を読んで少し光が見えてきた気がしました。

では、上記の1.2.3のうちどれをターゲットにして、どのようにルーシーのアトピー性皮膚炎をコントロールし寛解に持っていくかについてですが、まずは一般的なアトピー性皮膚炎の治療法について次回お話したいと思います。

スポンサーリンク